スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神話の町、美郷(みさと)



去年の冬、町内会主催の、小さな日帰りバスツアーに参加してみました。

(1年経って、やっと写真の整理・・・・・・これでも私にしては早い方かと・・・ 





狭い地域主催ですので、昼食も自前、お土産もなしですが
参加費用は一人2000円程度だったと思います

あいかわらず、お金をかけずに遊ぶのが特技デス  v(。・・。)イエイ




何回かに分けて、バスツアーの写真を紹介していきますネ






行先は、宮崎県を、北と南に分けたら、北の方。。。




最初に訪れたのは、百済(くだら)王伝説の 宮崎県美郷(みさと)町です







上手にまとめられそうにないので、紹介しているサイトをば。



↓ お時間ありましたら、サラリとでもいいから、
ぜひ、ぜひ、読んでいただきたいです m(_ _)m



西の正倉院について



百済(くだら)伝説について



神門(みかど)神社について













DSC_9762.jpg




なぜ? どうして?
こんな辺鄙な場所に、正倉院が再現されているのだろう?

理由を知っても、ピンとこないほどの山あいの小さな町

ここをさらに、もっともっと山奥に入ると
いつか神楽を見に行きたいと思っている、
また、NHK特集でも紹介された、クニ子おばあちゃんが焼畑農業を営んでいる、
椎葉村(しいばそん)がありますよ







DSC_9759.jpg









DSC_9789.jpg









DSC_9766.jpg





画像の日付は、2014年2月16日

この年の冬は、いつまでも寒く
九州でも、春分の日に積雪があったほどです。

南国宮崎とはいえ、山の中
2月の中旬に、雪は珍しくはないんじゃないかな?








DSC_9786.jpg








DSC_9781.jpg





















DSC_9756.jpg



西の正倉院の隣に 「百済の館」があります


瓦や敷石は、韓国から取り寄せられ
極彩色の丹青は、本場韓国の職人たちの手によるものだそうです





DSC_9791.jpg







DSC_9794.jpg



どうですか?

わたしは、ここの特徴ある、石塀や屋根を見て
韓国の時代劇、「イサン」や「トンイ」を思い出しました~  (*≧m≦*)






DSC_9804.jpg










DSC_9808.jpg










DSC_9818.jpg










DSC_9822.jpg









DSC_9828.jpg




「西の正倉院」、「百済の館」に並んで、 「神門神社」があります

いいえ、
書き方がヘンですね


「神門神社」に並んで、「西の正倉院」、「百済の館」が建てられています


この神社は、創建は西暦718年と伝えられている古社です



DSC_9831.jpg









DSC_9834.jpg



百済の王様が奉られている神社、

狛犬も、少し異国の雰囲気があるような???










バスガイドさんが、教えて下さった、
この町で、毎年催されている「師走祭り」、
一度見に行きたいな~



師走祭りについて






新羅(しらぎ)に滅ぼされた、朝鮮半島の古代国家、百済(くだら)

追っ手を逃れ、日本へ亡命し、
逃れ逃れて、宮崎県の山あいの村にたどりついた、
百済の王様と王子

王と王子は、山で隔たれた、それぞれの場所で、
再会がかなわないまま、生涯を終えてしまったそうな。

異国では、身分の高かった王族ではあるが、
言葉は悪いけど、「よそ者」には違いないと思う。

だのに、亡くなったあと、神として祀り、
魂をなぐさめるために、せめて、一年に一度の再会をと
師走祭りを1000年以上も続けている


再会のための、約90kmの行程は、
江戸時代は、延岡藩、高鍋藩と、藩域を超え、
現在でも、7市町村に及んでいるという




この地の人々の優しさというか、純情さというか
そういうものを感じる





DSC_9835.jpg





こんな神話に触れたとき、

日本人っていいなあ
日本人に生まれて良かったなあ、と素直に思う私なのでした







コメントの投稿

No title

こんにちは

僕が幼いころ住んでいたのは神門から山一つ越えた上古園という地区でした。当時その村で聞く神門の街は大都会でした(どんな田舎ですねん・・・笑)。

No title

今年も、素敵な記事と写真に目を奪われてジックリと読ませて頂くのが楽しみです
小説で読んでいたのが、このお写真で現実の事になりました。
南のことは、なんにも知らなくて、目を見開いています!
日常の奮闘記もね^^

ことしもよろしくです。

・・・美郷

似た地名あるよねぇ~・・・
自分の住んでる地域には「美ノ郷」(みのごう)ってのがありますよ。
島根の石見銀山~尾道に至る「銀山街道」の起点付近にも美郷という地名あるし。

いわれのある名前なのかな?
昔の役所跡地みたいな?〇〇府とか?〇〇関みたいな?

こんばんは。

久々の長い休暇、楽しんでますかーっ(*^^)v

九州は神話、伝説の宝庫ですね。
邪馬台国の話には若いころから、わくわくしていました^^

倭と韓国の関わり、最近では地中海的世界だったようです。
特に韓国沿岸と九州、山陰は「倭」民族の意識が高かったと聞いています。

そいうことを思うと、なるほど「百済の館」に感銘します。
九州に「イ・サン」「トンイ」「ホジュン」・・・
また「冬ソナ」(違う違う!^^)

その舞台がセットでなくて見れるなんて、
これから計画している九州旅行が、更に楽しみです^^

ところで、千葉へはいつ来るとね( 一一)”




紀元前からの伝承

九州は、潮の関係で韓国の船が漂着するのは聞きますが。
これほどの建物があるのを知りませんでした。
すごい。 王族は何人流れ着いたのかわかりませんが、
これだけのものを作ったということは。
相当高い技術と知識があったのは言うまでもないですね。
どれくらいの技術や知識の恩恵がその当時この地域にもたらされたのかを
考えると、ものすごいイノベーションが起こったのか?
火をつけるのに100円ライターをいきなり使う位の勢いかも?知りませんが・・・

No title

こんにちは!

イ サン
トンイ 
よかったですねw~

今 奇皇后みてます(^^)v

宮崎県

お久しぶり~

歴史の宝庫ですね。

雪が積もってますね。

今季は、おお~幸の年

ガンバ!

コメントありがとうございます


ご無沙汰しています
お返事しないままでごめんなさい

あ、あと、
説明不足でごめんなさいでした  m(_ _)m

百済の館は 平成2年、
西の正倉院は、平成8年 の完成です
伝説は古い古いものですが、建物は新しいものです


http://www.pmiyazaki.com/nangou_ku/syousyouin/

http://www.pmiyazaki.com/nangou_ku/kudaranoyakata/

入館料500円で、どちらも入れますから、ぜひぜひ。



一度は行ってみたいなあと思っている師走祭り、
今年は1/23、24、25 だったみたいです。

気楽な有給消化中の身、
今年行かねばいつ行く?って感じですが ヾ(´ε`*)ゝ
結局行きませんでした


懐かしい友たちに会う小さな旅をしたり
断捨離に挑戦したり
あちこちの立ち寄り湯を巡ったり、

それからね、前にお話ししたように、週末の夜は、
友人がママやってるスナックで、バイトをしています
目標額には、まだまだなんですが・・・・・・

バスハイクの続きの記事を書かねば、と思いつつ、
次の目標についても、少しお話したいなあと思ったり。

でも・・・・・・
どちらも、延び延びになる予感~ 〃 ̄ω ̄〃






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

Lily姫

Author:Lily姫
大分県在住 ♀
いつのまにやら50代(≧m≦)


妄想とうたた寝が大好きです
大好きを通り越して、たえず妄想の中で生きています。


2015年2月退職しました
2015年4月介護福祉士をめざして専門学校生になりました
2017年3月専門学校を卒業しました
2017年4月地域密着型のこじんまりした特別養護老人ホームに就職しました

時間も気持ちも余裕がなく、野菜作りはひとまず中断しています。
いつかきっと再開したいと思っています。


ぼちぼち更新の、のんびりペースのブログです
読んでくださってありがとうございます
訪問とコメント、とても嬉しいです


コメントへのお返事は遅れがちですし、現在は、まとめてのお返事の形をとらせていただいてます。

ご理解よろしくお願いいたします

リンクフリーです。
でも、一言お声をかけてくださると嬉しいです。
といいながら、内気なわたし(ほんとうか?)、たびたびお邪魔したいお部屋を、いくつか黙ってリンク頂いています。

もしも不都合がありましたら、どうぞご遠慮なく、お申し出下さいませ

最新記事
最新コメント
ぷりーずふぉろーみ~
心にサプリ☆
ありがとう そしてあなたにもおすそわけ

presented by 地球の名言

お気に入り
ホッとなごみます ついつい遊びに行っちゃいます
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ワンクリックで参加
あなたの住む県は?
リンク
Lily姫の本棚
たまに更新 エヘ。 今までに何度も繰り返し読んだ本、 または、繰り返し読みたい本、 つまり超お気に入りの本を置いてます。 頭の2冊くらいは、今読んでる本です、たぶん。
ポイントサイト
数々あるポイントサイト わたしはここを利用してます
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。