スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京築神楽②






前の記事にも載せましたが、子ども神楽です

この子は、中1の男の子



DSC_6334.jpg



もしかしたら、3年前のこの記事↓に、 登場した子じゃないかなあ?と思います

 
              2009年過去記事

あのときは、可愛い声で体も小さかったから、小学生低学年かなあ?などと書いてますが・・・




DSC_6330.jpg

大人になるまでには、もっともっと、腕を上げるでしょうね
きっと、いい指導者にもなりますね









DSC_6331.jpg


この子は、中2の女の子
お父さんは、太鼓を叩く人だそうです
お父さんの影響で、小さいときから、巫女舞いをしているそうです

ああ、私が子どものときも、女の子でも神楽が舞えたら良かったのに・・・
そしたら、絶対に!!!

ああ、でも、私はやっぱり、鬼が舞いたい!!!
見ている人が震え上がるような怖ろしい鬼の舞いがしたい!!!













DSC_6374.jpg






DSC_6375.jpg







DSC_6376.jpg






DSC_6377.jpg







DSC_6379.jpg




盆舞いです
お盆には、生の米が並々と入れられています
気を抜くと、ザザザーっとこぼれてしまう米です


観客席もみんな、息をのみました

写真は、一番安定のある持ち方をしていますが、
このあと、こぶしを握って、ぐーの形にした手にお盆を乗せて舞いました。

最後は、さらに、パーの形にして、手の甲側に乗せて舞いました。

ヒヤヒヤして、カメラを構える余裕がありませんでした






あちこちの小さなお宮で行われる、五穀豊穣を祝う秋祭りでは、
盆舞いをしたあとの米や餅は、神楽を見ている全員に、少しずつふるまわれます
小さくちぎった餅だけでなく、生の米も、その場でみんな食べます
神様から分けてもらった餅や米を食べたら、
次の1年は病気をしないで元気でいられるんです


この日の、定期公演では、餡入りもちが、一口ずつ配られましたよー

子どもたちには、飴やお菓子が投げられましたよー




DSC_6351.jpg


こーんな怖い顔の鬼だって、お菓子を投げるときは、
子どもたちに、キャーキャー言われます


ふふふっ  でっかい鼻の穴でしょう?
舞う人は、あの鼻の穴から、外を見るんだそうですよ
















DSC_6345.jpg






DSC_6408.jpg





お神楽とセットで思い出すものに、
「 東鳩のキャラメルコーン 」がある。

たぶん、子どもの頃、神楽を見ながら、
キャラメルコーンを食べてたことがあったのだと思う。







あ、すみません
ここで、突然、どうでもいいおまけ話に入りました




DSC_6398.jpg





キャラメルコーンの歴史を検索してみると
昭和46年(1971年)に誕生した、とある。


昭和46年、私が小2だ。
ふむ、なるほど、まだ7歳だったからだな


それまでに食べたことのない食感のお菓子に、私はぶっ飛んだ!
「この世に、こんな美味しいお菓子があったのかっ!」と思った。


おそろしく小食で、たくさん食べなきゃいけないというのが苦痛で苦痛で、
学校では、給食の時間が一番キライだった私だけど、
食べ物に関しての思い出は、どんな思い出よりも強烈に残っている。
たくさん食べられないだけで、間違いなく食いしん坊ではあったのだろうなあ(笑)



食べ物に限らず、
「この世にこんな!!!」 と強く感動する出来事って、
子どもの頃は、頻繁にやってきた



悲しい出来事を見聞きしたときは、
「この世に、こんな悲しいことがあっていいのだろうか・・・」と思った。

少し前に記事にした、特別注文の夕方のような時間が持てたときは
「この世には、こんなにたくさんの幸せが一度にやってくる時があるのか!」と思った。

現実では有り得ないような色鮮やかなお花畑の夢を見たときには
「この世に、こんな美しい場所があるわけない」と思って、
夢を見ながら、これは夢だと気がついた。




私は、さっき、(子どもの頃は・・・)と書いたし、
自分では、これは、子どもの頃に限ってだと思っている。




でも、どうも、私は、大人になっても、わりといつも
「この世にこんな!!!」 を 言っているようなのだ。




とても美味しいものを食べたとき、
とても楽しい時間を過ごしたとき、
すごく感動的な出来事に出会ったとき、

つい、この「この世に・・・」を口にしてしまって、
友人たちから、「出たっ!Lilyのこの世にっ!」と笑われる

言わなかったら言わなかったで、
「あれ?言わんの?  言ってもいいよ、例のホレ、この世にってやつ」
と、ニヤニヤされる

私が、ふてくされたような顔をすると、
「Lilyはね、なんでも感動し過ぎなんだよ」と笑われる





たぶんね、感動し過ぎというよりも、
感動したときに、それを表す言葉を、知らないんだと思う








一番最近に、「この世に」を使ったのは、ほんの数日前

昆布だしで炊き上げた玄米ごはん(薄口しょうゆもほんの少し)
炊きたてに大急ぎで、刻みしょうがと刻みみょうがを投げ込む
数分蒸らしたのち、ほっくほくと混ぜる



一口食べたとき、思わぬ大きな声が出た


「うましっ!」
「この世に、これ以上の贅沢があろーか!!!」









DSC_6393.jpg



ガクッ







コメントの投稿

神楽の舞ですか

ステキですねえ。
地域で盛り上がるんでしょうなあ。
ずいぶん前から練習で、上の人から伝承されてって。

姫様〜。お年バレましたねえ。
そっか〜。それで、龍のかぶり物・・・・
年女さんだったのね?ふふふ・・・・

NoTitle

舞の一つ一つに力強さを感じますよね。
実際には舞いと音とで、とても幻想的な空間になっていたんだろうな~
見ていた人に、餅やお米が少しずつ振舞われるなんて、ぜんぜん知らなかったし、、、。
こうゆうお話を聞くと、やっぱお祭りって神聖だよな~と思ってしまいます。

なんでも感動すのは良いことですよ~
感動しない人、楽しんでいないのかな?って思うとかわいそうになる。
自分が何かしてあげたときは、つまらないのかと思って自分がとても悲しくなる。
感動できるって、楽しんでいることだし、感動させてあげたほうも嬉しいと思います。
どんどん感動しちゃいましょう。

こんにちは

盆舞い、すごいですね。
お米が、すりきりに入れてありますよね。
どんな舞いなのかとても興味があります。
子供たちの舞いも、ピーンとした空気が伝わってくるようです。
たくさんの写真も、有難うございました。

ほ~ら!

姐御、真っ赤な顔で踊り狂ってたからバレちゃったじゃないですかっ!(笑)

わしは、東ハトの「キャラメルコーン」より県内発祥メーカーの「かっぱえびせん」の方が好きだったのう。

NoTitle

わははは!
なんとも後味がわはは!

お神楽って様々な踊りがあるのですね!
いいなあ、土俗的な祭りや踊り・・・。

姫が鬼をやりたいってのは、とても判るきがする!
おいらも、尻尾やりたいもん(爆笑!

NoTitle

私が住んでいるところは 大人がスゴイ盛り上がってお祭りをするんです。
浅草のお祭りのミニミニ版みたいな感じです。
お祭りは子どものためのものじゃないの?大人が夢中になるのが理解できない~
と今までは思っていましたが 姫さまの神楽の写真を見て
お祭りも神楽のように神聖なものなのかもと思いました。

おまけ^^
私はクレヨンしんちゃんの映画「あっぱれ戦国大合戦」(確かこんなタイトル)を見て
「世の中にこんな悲しい話があっていいのか、、、」と思いましたヨ。

コメントありがとうございます

みなさま、コメントどうもありがとうございます


お返事遅くなってごめんなさい
いつも、まとめてのお返事でごめんなさい


ちょうど今、いつでもどこかで神楽が舞っている時期です
私のふるさとの方は、稲刈り時期がわりと遅いの
田植えは6月いっぱいかかってやっと終わるし、稲刈りは10月の中旬からスタートします。
地方によって、収穫時期が違うってこと、大人になるまで知らなくって・・・
気候とか、品種とか、二期作か二毛作かとかで、違ってくるのですよね
でも、それを知らなかったものだから
8月のうちに、新米と言って出回っているのを見て
「絶対にウソじゃん、8月に新米があるわけないじゃん」と思ってました。
ウソなんかじゃないんですよね!ちゃーんとあるんですよね!
今、住んでる大分県佐伯市の一部では、
4月に田植え、お盆前には収穫がすっかり終わる早期米が栽培されていますよ

あ、脱線 σ(^◇^;; スミマセン

10月~11月、ふるさとでは、五穀豊穣を祝う祭りがあちこちで行われます。
小さな村には、小さなお宮がたくさんあって、(それこそ地区ごとに)
今週の土日は、○○と○○と○○の3ヶ所で祭り ってな具合。
だから、この時期は、神楽舞いは売れっ子芸能人なみの忙しさです。

そして、祭りの時期と農繁期が同時期なんですよね。
一段落終わって、お祭りをすればいいのにと思うのだけど、
農繁期の真っ最中に祭りを行うこと、何か意味があるのかもしれませんね


神楽のお囃子があちこちで聞える季節は、
村中が、稲刈りあとの独特の匂いに包まれます。
稲刈りあとの独特の匂いって、みなさま、分かりますか?
なんて言ったらいいのでしょう?
干草のような匂いって言ったらいいのかなあ?
お日様の匂いって言ったらいいのかなあ?
ああ、でも、麦刈りあとと、稲刈りあとは、微妙に匂いが違うのよ
その匂いが、村中にたちこめるんです
田んぼに立たなくても、教室にいても、家の中にいても、それは分かるの
あの匂いと、お神楽は、私の中でセットです

あ、キャラメルコーンもね(笑)
我が家は、お菓子とかジュースをあまり買わないのだけれど、
キャラメルコーンは時々、無性に食べたくなって買います
期間限定のマロン味とかも一応試してみるよ
でもね~ やっぱり、ピーナッツ入りのオリジナルが一番だわ~♪


しょうもないお返事で、脱線ばかりで、すみません
この時期、Lilyはそわそわしてるってことでご勘弁を~(笑)

毎週末、里帰りして、思う存分神楽にひたることはできませんが、
今年は、少なくともあと1回は見たいなあと思っています

せっかく大分県のいちばーん下、宮崎県よりで暮らしているんですもん
高千穂や椎葉村の神楽も、いつか、見に行きたいなあと思っています

NoTitle

一番肝心なこと書き忘れてた!

『この世に…』って、lilyさんがよく言うって聞いて、
「あ~~~~っ!!!」と思った。
あたしもよく言うの!(笑)
「この世に、こんな理不尽があろうか!」とか
「この世に、こんな悲しみがあろうか!」とかね。
ありゃ。lilyちゃんと違って、悲憤の言葉があとに続くことが
多いかも(汗)。いけんなあ…!(笑)

lilyちゃんの場合は、日常でもよく言うんだね♪
感動がいっぱいあるのね♪
そんなlilyちゃん、大好きです!って言っとかなくっちゃ!

コメントありがとうございます

彼岸花さんへ

「この世に、こんな理不尽があろうか!」
「この世に、こんな悲しみがあろうか!」
私も、最近は、そうつぶやくことが多くなりました
特に原発のことでは・・・
悲しくて、くやしくて、「心の底からガッカリ」という感じ・・・
できれば、美しいものや、嬉しいことで、たくさん感動していたいですよね

「この世に・・・」は、自分ではそんなに自覚していなんだけど、
みんなから、「ホラまたあ~」と笑われて、ハッとします
「小さなことで、いちいち感動し過ぎだよ」って あきれられます
口癖かもしれない

キャー (*/∀\*) キャー
(#^.^#) 彼岸花さんから、大好きなんて言われたら、舞い上がってしまいます
なんだか、ふわふわ~

非公開コメント

プロフィール

Lily姫

Author:Lily姫
大分県在住 ♀
いつのまにやら50代(≧m≦)


妄想とうたた寝が大好きです
大好きを通り越して、たえず妄想の中で生きています。


2015年2月退職しました
2015年4月介護福祉士をめざして専門学校生になりました
2017年3月専門学校を卒業しました
2017年4月地域密着型のこじんまりした特別養護老人ホームに就職しました

時間も気持ちも余裕がなく、野菜作りはひとまず中断しています。
いつかきっと再開したいと思っています。


ぼちぼち更新の、のんびりペースのブログです
読んでくださってありがとうございます
訪問とコメント、とても嬉しいです


コメントへのお返事は遅れがちですし、現在は、まとめてのお返事の形をとらせていただいてます。

ご理解よろしくお願いいたします

リンクフリーです。
でも、一言お声をかけてくださると嬉しいです。
といいながら、内気なわたし(ほんとうか?)、たびたびお邪魔したいお部屋を、いくつか黙ってリンク頂いています。

もしも不都合がありましたら、どうぞご遠慮なく、お申し出下さいませ

最新記事
最新コメント
ぷりーずふぉろーみ~
心にサプリ☆
ありがとう そしてあなたにもおすそわけ

presented by 地球の名言

お気に入り
ホッとなごみます ついつい遊びに行っちゃいます
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ワンクリックで参加
あなたの住む県は?
リンク
Lily姫の本棚
たまに更新 エヘ。 今までに何度も繰り返し読んだ本、 または、繰り返し読みたい本、 つまり超お気に入りの本を置いてます。 頭の2冊くらいは、今読んでる本です、たぶん。
ポイントサイト
数々あるポイントサイト わたしはここを利用してます
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。