スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別注文の夕方



最近読んだ本の中に
「特別に注文したような快晴だ」という一文があった

特別に注文したような・・・のところで、
子どもの頃に体験した美しい夕方のことを、また思い出した
また・・・
そう、ある日の夕方のことを 私はよく思い出す


近所に 7つか8つか、そのくらい年上のお姉さんがいた
はっきりといくつ上だか、分からないけれど、
私が小3とか小4の頃に、高校生だった

私は、このお姉さんに、ずいぶん可愛がってもらった
洋服や文房具などのお下がりもたくさんもらったし、
お姉さんの部屋に遊びに行って、宿題したり、おやつを食べたりした

お姉さんの部屋は、ドラマに出てくるような高校生の部屋だった
外国の人の写真が載ったレコードのジャケット、
高校の制服、教科書、学生カバン、
行間の狭い大学ノートに書いた英文、
お姉さんの持ち物すべてが、大人っぽく感じて、すごく憧れた


お姉さんのボーイフレンドと3人だったこともある

二人が、私をほったらかして、なにやら進路について、
深刻そうに話し合っていたこともあったっけ
「オレは遠くに行って欲しくない」の言葉に、
お姉さんは、長いこと沈黙していたっけ

ああ、なんて無神経な私だったんだ
よくも平気で、同じ部屋にいて、絵日記を描いたりしたもんだ
なんか喧嘩っぽい雰囲気だな、私はどーしたらいいのかな くらいにしか考えなくて・・・
気を利かすとか、そんなこと思い至らなかった



あ、話がそれちゃいました 


そうそう、美しい夕方のことでした



ある夏の夕方、
夏だったと思う、初夏だったと思う
お姉さんと私は、雨上がりの夕方を散歩した
夕方といっても、5時くらいだったと思う、
まだお日様は高くて、日暮れには遠い、初夏の5時あたり


雨上がりの空に、きれいな大きな虹がかかってて、
お姉さんが、「あの虹が生まれた場所、始まりの場所に行ってみようか?」と私に言った

私は、前にも書いたように、机の引出しにゾウを飼ってるような、
なんともヘンテコリンな妄想癖のある子どもだったけれど、
どんなに歩いても歩いても、虹の始まりの場所にはたどりつけないことを知っていた

でも、「うん♪」って言った
とても嬉しかったから♪




雨上がりで なにもかもが美しかった
田んぼも、空も、濡れたあぜ道も
そこを、大好きなお姉さんと、虹に向かって歩く


これでもかっていうくらいの幸福感だった
ううん、幸福感などという言葉は 私は知らなかった

嬉しすぎて、ふわふわするような、
嬉しすぎて、お腹が痛くなるような、
こんな気持ちってなんていうんだろう?って考えたことは覚えている
そのころ、覚えたての「充実」という言葉を思い出して、
こうゆうのがそれかなあ?って思った

でも・・・充実というのとはちょっと違うね
ちょっと違うけど、じゃあなんだろう?って、大人になった今でも
あの日の夕方のことを思い出すたびに、考えていたけど




「特別に注文したような・・・」の文章を見つけたとき、
「あ!」って思ったのデス


まさに、あの幸せな夕方は、特別に注文したような夕方だった

お姉さんも、景色も、完璧な形の虹も、
注文した内容すべて、バッチリかなえてくれたような夕方だったなあ




この夕方も 例にもれず、終わりを思い出せません
辿り着かないうちに虹が消えてしまったのでしょうか?
ある程度歩いて、見つからないねえと言って、あきらめたのでしょうか?

虹に向かって、お姉さんと歩いている状況は、ありありと思い出せるのに
反対向いて、戻ってるところは思い出せないのです


2番目の引き出しにいたゾウがいなくなったとき、
柿の木の小人の家のドアを叩くのをやめたとき、

夢から覚めるときを、なぜ覚えていないのだろうか?





コメントの投稿

NoTitle

特別注文の夕方っていいな~
虹の袂まで行ってみるって、夢見がちな冒険ですね。
引き出しに飼っていたぞうも、柿の木の小人も、
出会ったことが、あったような気がします。

ぞうと、小人と手を繋いで、Lily姫さんが、虹の橋を楽しく渡って行くのが見えるようです。

NoTitle

ものすごく好きな表現です、それ。

虹の袂。。。。

想像しただけでわくわくします。
本当に特別注文の夕方ですね^^

NoTitle

記憶の続きを思い出せない時は、「こうなったらいいな」という続きにしちゃえばいいのだ。それでいいのだよ。
人生は楽しく。「思い」が今変われば、過去の意味も変わるのだ。

NoTitle

lily姫さん。こんにちは。^^
これ。いい文章ですねえ…♪

『特別に注文したような快晴だ』
そしてlily姫さんの『特別に注文したような夕方』…

こういう美しい日が、人生には何回かあるものですね。

『2番目の引き出しにいたゾウがいなくなったとき、
柿の木の小人の家のドアを叩くのをやめたとき、

夢から覚めるときを、なぜ覚えていないのだろうか?』

ほんとですねえ。なんでだろう…。
おとなになるということ。物事をすべからく『あたりまえ』、と思うように
なってしまうことって寂しいですよね。
随分そうなるのには抵抗しているつもりだけれど、子供が興奮して話すことを、
『なんだそんなのあたり前よ』といつか思うようになってしまっている自分がいる…
年をとっても。死ぬまで。
ひりひりする感性の持ち主でいたいですねえ。

ああ。梅雨前のこの季節!そして梅雨明けから夏の到来に至る虹の季節。
ほんとにいいですねえ。
lily 姫さんのお話も、ほんとうに映画の中のワンシーンのよう。
いいお話、伺いました♪

Lilyより 人*-з-)chu★.:゚+。☆

みなさま、コメントありがとうございます e-266e-266e-266


お返事遅くなってごめんなさい

この週末は、友人宅にお泊りをしておりました
高校時代の友人3人で、一緒にご飯作って、外にお風呂に入りに行って、
軽い認知症の友人のお父様も一緒に、食事やお酒も楽しんで
お父様が眠ったあとは、3人で枕並べて、明け方まで延々と思い出話をしました
楽しかったデス
子育てから、卒業しつつある私たちの年齢は、
今度は、介護の時期がやってきたり、
自分達の老後も遠い将来ではなくなってきたりもするけれど
今回のような楽しみも たまには、ね♪
あってもいいよね♪ って、話したことでした


お泊りの荷物に 卒業アルバムを加えておけばよかったよ~~~
誰かが覚えていることは、他の2人が覚えていない
先生の名前も、同級生の名前も、結構、衝撃的なエピソードも
とうとう、3人一緒に、確かな記憶をたぐり寄せられたものは、一つも無く・・・
人の記憶って、あてにならないもんだなあと、しみじみ思い知らされました


鮮明に記憶している幼い頃の思い出も・・・
もしかしたら、正しいものではないかもしれないなあと思いました

美しい思い出は、特にネ
もしかしたら、自分で、望みどおりに美しいものに すり替えてしまっているのかも?
そんなふうにも思いました
思い出の結末を思い出せないのが、その証拠かも?
それとも、夢のような時間が終わるときのことは、覚えておきたくないからでしょうか?
知らず知らずに、覚えておきたい部分だけを、脳みそに深く刻んでいるのでしょうか?



でも、勝手に美しいものにすり替えたとは、思いたくないなあ

記事の、特別に注文したような美しい夕方のこともそう

だって、あぜ道を歩いてるときの、濡れたつま先の感覚まで、覚えているんだもん
(虹の袂になんか、行けないよ、行けないって知ってるもん私)
(でも、知ってるって、お姉ちゃんには言えない)
嬉しさに混じる後ろめたい気持ちも 覚えているんだもん



高校生だったお姉さん、よく、私と遊んでくれたよなあって、
私自身が高校生になってから、思いました
お姉さんは、ちっとも楽しくなかったんじゃなかろーか?
「Lilyちゃん、遊びにおいで」のお誘いに、
遠慮しないで「うん♪」と ズカズカ上がりこんでいた子どもの私
今さらながら、赤面してしまいます


幸せな気持ちとともによみがえる思い出には、
いろんな季節があり、いろんな時間帯があります
でも、夕方の時間帯の思い出が、一番多いかもしれない
朝よりも夕方が多いのは、単純に私が、朝寝坊だからかなあ?σ(^_^;)

大人になってから、特に主婦になってからは、夕方は、気が急く時間帯です
せかせかと動かなきゃならない時間帯です
でも、ふと、雲を見たり、風の匂いをかいだりして、
もうすっかり冬だなあとか、もうすぐ夏がやってくるなあとか、
季節を感じるのは、夕方が多いんです
で、「あ、こんなことしてる場合じゃない、今夜のおかずは、えーっと・・・」って、
我にかえって パタパタ主婦に戻る

すごく慌ただしい時間なのに、やっぱり夕方は好き♪♪♪
私にとってのきれいな思い出が、夕方に多いからでしょうかね


大人になってからは、すーっと素通りさせてしまったような小さな出来事にも、
いちいち、感動に震えていた子どもの頃
ひょっとしたら、ねじまげてしまった部分もあるかもしれませんが
これからも時々、小さな頃のLilyの思い出話、書いてみます



もうすぐ息子2号が帰省してきます
20日間ほど、自宅から実習先に通います
息子がPCを占領することもあると思います
今もじゅうぶん、まったりペースですけど、今まで以上になると思います
どうかご理解くださいませ




忘れかけていた時が

姫さん お話、なんかじーんときました。
今も別の意味で?妄想癖があるワタシ、小学生の頃、学校の図書室で蕗の下の人と出逢ったその感動を思い出しました。
いや、たまたま手に取った本なんですけどね(^^ゞ
その時から佐藤さとるワールドに入っまま歳を重ねてきました。
自分の身の回りにいるような?自分ちのどっかに居てこっち見ているような?

夕暮れどきっていいですね。
いやいや、何の話やらv-357

NoTitle

素敵な人と電車に乗って窓の外の眺めを見たとき一人で電車に乗って窓の外の眺めを見たときと景色が違うように見えます。これも特別注文の景色ではないですか?
人生一生の間に男は特別注文7~8回、女性は2~3回あると言われます。この回数だけ輝くときがあるというのです。

コメントありがとうございます

つる姫さまへ
うおおおおおおーーーーーーーっ
佐藤さとるさんの世界、私も大好きですぅぅぅううううううう
思わず鼻がふくらんでしまいましたっ 
久しぶりにひたりたくなってきました
今度、図書館に行くときは、児童書コーナーをのぞいてみようっと!!1

♪~   夕暮れ時はさみしそう
     とっても一人じゃいられない ~♪
って歌ってるけど、私はさみしい時間に一人でいること、意外と好きだなあ
いやいや、わたしこそ、何の話やら・・・ (^m・)
しかも、歌、ふるっ!!!  (>▽<*)




purotokoさんへ
うんうん、そうですね
素的な人、大好きな人と一緒なら
おしゃべりしてなくっても、別々のこと考えてても、特別注文の時間ですよね (〃▽〃)

だがっ!!!
なぬーーーーーーーーっっっ!!! !!! !!!
人生の間に、そんだけですかっ?
女性は2~3回しか、なかとですかっ?
そんなあ、、、、、、、 (ノ-_-)ノ ドテッ

鼻ふくらんだっ

姫!佐藤さとるさんをご存知とは!!
私こそ ちょーー嬉しいv-343 うるうるしちゃうv-414
なんか勝手に縁を感じちゃいましたv-290
佐藤さとるさんの作品 プラス 村上勉さんのイラスト
大好きです。
単行本探しまくりました。
コロボックルもだけど 昭和を感じる世界がまた何ともいえず惹かれます。

夕暮れ時はさびしそう~♪ のNSP も歌えるぞなもし^^

もー これは縁だわよっv-425


うっうっうっ

罪なつる姫さまへ

佐藤さとるさんのお話に、村上勉さんの挿絵、最高ですよね~
なんちゅーか、かんちゅーか
ああん、もうっ ヾ(≧∇≦)ノ" 言葉にならん

よっぽどのことがなければ、本は買わない
ぐっとこらえて、読みたい本は図書館で と決めてる私です
だのに、だのに、つる姫さまのせいやけーん (ノ>。☆)ノ オウッ

昨日から、佐藤さとるファンタジー全集(全16巻)を、検索しまくって、うずうずしとります
ああ・・・お高い・・・
ああ・・・・・金が ねー  (´_`。)





元気かや?

また3日酔いかと気にしておった(*_*;

兄ちゃんは畑で体力使い切った・・・アヘアヘアヘ

だいじょうぶ~

NANTEIさんへ
ふふふ
これでもわりと学習能力はあるんです
3日酔いの苦しさ、3ヶ月くらいは覚えていると思います ( ̄^ ̄)ムンッ

うへっ 兄ちゃん、畑がんばってるなあ
私も、日曜日はガンバッタよ (-ω☆)V
雑草に覆いかぶされたチビ野菜たち、かろうじて見えるようになったよ ( ̄‥ ̄)=3
イヤー まいった
10日ほど、ほったらかしてたら、立派な草原になってました


非公開コメント

プロフィール

Lily姫

Author:Lily姫
大分県在住 ♀
いつのまにやら50代(≧m≦)


妄想とうたた寝が大好きです
大好きを通り越して、たえず妄想の中で生きています。


2015年2月退職しました
2015年4月介護福祉士をめざして専門学校生になりました
2017年3月専門学校を卒業しました
2017年4月地域密着型のこじんまりした特別養護老人ホームに就職しました

時間も気持ちも余裕がなく、野菜作りはひとまず中断しています。
いつかきっと再開したいと思っています。


ぼちぼち更新の、のんびりペースのブログです
読んでくださってありがとうございます
訪問とコメント、とても嬉しいです


コメントへのお返事は遅れがちですし、現在は、まとめてのお返事の形をとらせていただいてます。

ご理解よろしくお願いいたします

リンクフリーです。
でも、一言お声をかけてくださると嬉しいです。
といいながら、内気なわたし(ほんとうか?)、たびたびお邪魔したいお部屋を、いくつか黙ってリンク頂いています。

もしも不都合がありましたら、どうぞご遠慮なく、お申し出下さいませ

最新記事
最新コメント
ぷりーずふぉろーみ~
心にサプリ☆
ありがとう そしてあなたにもおすそわけ

presented by 地球の名言

お気に入り
ホッとなごみます ついつい遊びに行っちゃいます
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ワンクリックで参加
あなたの住む県は?
リンク
Lily姫の本棚
たまに更新 エヘ。 今までに何度も繰り返し読んだ本、 または、繰り返し読みたい本、 つまり超お気に入りの本を置いてます。 頭の2冊くらいは、今読んでる本です、たぶん。
ポイントサイト
数々あるポイントサイト わたしはここを利用してます
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。