スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2番目の引き出しには






DSC_4558.jpg









DSC_4559.jpg










DSC_4580.jpg










DSC_4583.jpg










DSC_4588.jpg










DSC_4589.jpg










DSC_4552.jpg








何年生だったのだろう?
たぶん、一ケタの年齢だったと思う

私の学習机は、きっと安物だったのね
手提げなどをかけられるようにと、机の側面に、父が釘を打ってから
たてつけが悪くなって、2番目の引き出しが、きちんと閉まらなくなったのだ

開けるのにも、閉めるのにも、ちょっとしたコツがあって、
途中で、左上にほんのすこ~し浮かし気味にしなければならない

浮かし気味にする場所は、決まっていて、
早すぎても、遅すぎても、浮かし過ぎても、足らなくてもいけない

その引き出しだけ、ピシャリときれいに閉まらずに、すき間ができる







ほんの少しのすき間があるから、息苦しくないだろうと思った



私は、その2番目の引き出しで、ソウを飼っていたのよ~



イエ、本物の象ではないんです
現実の話ではないんです

物心ついてから、ずっと、妄想癖のある私の・・・
珍しくもない妄想のお話です




それらしき、ゾウのおもちゃを入れてたわけじゃないの

誰にも見えない、私だけに見える、本物の小さなゾウが
そこには 本当にいたのです


どのくらいの期間、いたのだろう?
小さなゾウと遊ぶのを止めたきっかけは なんだったのだろう?
昨日までいたゾウが、今日からはいない ってことに
どんな風に決めたのだろう?
そこらへんは覚えてないんです



中学生になっても、高校生になっても、大人になっても、
2番目の引き出しを開けるたびに、いつも思い出してたなぁ


ここにゾウがいたんだったよなぁ って




学習机、今でも、実家にひっそりと残っています
私が家を離れてからは、母が、その机で、習字をしていました
母が亡くなってからは、誰も使っていないから、
引き出しには、習字のお手本やら、筆やら、硯やらが入ったままです




2番目の引き出しの扱い方のコツ
私は今でも、バッチリです

私の右手は、「微妙な浮かし気味」を、完全に覚えています


ちゃんちゃん






コメントの投稿

No title

ゾウの名前は…もうぞう?(笑


No title

ほんと姫は 
面白い感覚の持ち主かも~
そんな小さなころの記憶がはっきり残ってるなんて~

きっと夜中は妄想好きな姫のことだから 
ゾウさんとかおもちゃが動き回ってたんだろうね~(笑)

いいなあ・・・

姫はほんと、典型的な一人っ子^^。
おかしいな、兄ちゃんも一人っ子だった筈なのに・・・(-.-)。

私は一番下の引き出しに、東郷元帥を住まわせていた。

百花繚乱?

カピバラ?

キリン!

オランウータン?

ゾウ

姫は、どこ?

二番目の引き出しの中??

No title

いいお話しだなぁ。

どうして、ゾウと遊ぶのをやめてしまったのかな。

ゾウは、いつ頃、どうやって、机の中に入ってきた
のかな。

思いだしたら、教えてね。

No title

これ。いいお話ですねえ!
lily 姫さんって、そんなお嬢ちゃんだったのね。^^
可愛いなあ。
このね。引き出しの中に象を飼う、という子供の発想も
面白いなあ、すてきだなあと思うんですが、
この文章のね、塩梅がとにかく素晴らしいなと思うんですよ。
お父さまが鞄をかける釘を打ったら、スムーズに開け閉め出来なく
なってしまった、二番目の引き出し…。
そこで、小さなlilyちゃんは象を飼っていた。
今でも手が覚えている、引き出しの開け方のコツ…

ほろ苦く甘く、ちょっとした滑稽味と知的な抑制と。

素晴らしいです。
とても好き。
lily姫さん。すてき。 

かわうそは・・・

「着ぐるみ」じゃない?(笑)

Lilyより 人*-з-)chu★.:゚+。☆

みなさま、コメントありがとうございます e-266e-266e-266

お返事遅くなってごめんなさい
まとめてのお返事で失礼します



たぶん、2年生か3年生くらいじゃないかと思います
ってことは、8歳か9歳ですね

引き出しにゾウを飼っていて、ゾウと私はとっても仲良しで、
毎日、飽きずに一緒に遊んでいたのです

遊ぶのをやめたときのこと、どう記憶をたどっても思い出せない
何か夢中になる別の妄想を見つけたのでしょうか?
それなりの理由も 妄想で作り上げて、
もうゾウはここにはいないってことにしたのでしょうか?
ウウッ (/□\) なんか、残酷ですね・・・


子どもの頃の私は、絶えず妄想の世界に生きてるような子でした
(実は、今もあまり変わってないのだけれど・・・)

少し、変な子だったのかも?
ううん、めちゃめちゃ変わった子だったのかも? (; ̄ー ̄A

いつも、ボーッと何かを想像してて、
おそろしく動作が鈍くて、忘れ物が多くて、
その程度というのが、半端じゃなかったんです

大人になって、つらつらと幼い頃の自分を思い出すと
変わった子というよりは、少し足らなかったのではないかとさえ思う
足らない・・・うーん・・・この言葉は使っちゃいけないのかなあ?
どう言えばいいんだろ?
なんというか、軽い発達障害があったのじゃないかなあ?
コレ、かなり真面目にそう思うんです


あねさん、私ネ、なぜだか、子ども時代のことをよく覚えてるんです
忘れてることもイッパイあるのだろうけれど、
ぼんやりとしか覚えてないこともあるのだけれど、

そのときに、どんなことを考えていたか
嬉しかったとか、悲しかったとか、感情まで覚えてるんです
あまりにも低い年齢の頃の感情は、もしかしたら、
ああ、あのときは、言葉を知らなかったけれど、あの感情は、はっきりと、「寂しさ」だなあ
という風に、あとから名前をつけて、思い出しているのかもしれません


NANTEIさん、私、一人っ子じゃないんですよー
激しくオタッキーな兄がいます
私とは、違った意味で、変わり者の兄です
兄のこと、過去に、少しだけ書いてます
お時間ありましたら、読んでくださいね

http://suzuran0228.blog35.fc2.com/blog-entry-331.html

http://suzuran0228.blog35.fc2.com/blog-entry-332.html


兄と遊ぶことも、友達と遊ぶことも、大好きでした
女の子とは思えないようないたずらも、いっぱいしました
極端に体が小さかったので、鬼ごっことか、ゴムとびとかは
年下にもついていけず、苦手だったのだけど、
雨降りでも傘をさして、外で遊ぶ子でした

でも、一番好きだったのは、一人遊びだったかもしれません
なんにもオモチャなくても、一人ぼっちでも、退屈しませんでした


動物園と植物園で撮った写真とともに、
ヘンテコリンだった子ども時代の自分のこと
少しずつ書いてみようかなぁ?






No title

お願い申す♪
lily 姫ちゃんよ~、本書いてほしいな~。
不思議な世界観がある・・・。
子供も 大人も 読めちゃうような
ワクワクがあって、ちょっとコワくて
可笑しい♪

自分たちだけで読んでるのが
勿体なく なってきたど~!ヾ( ̄∇ ̄=

お兄さんの絵…そのまま絵本に 載ってほしい♪

コメントありがとう

花ちゃんへ
ヾ (//∇//)  
思い出話はできるのだけど、お話を作るのは無理だよー
子どものころはね、童話作家さんになりたいって思ってました

私は、花ちゃんの詩集が出たら嬉しいなあって思うよ
きれいな日本語に出会うと、
日本人に生まれて良かったぁって、しみじみ思うでしょう?
花ちゃんの詩に出会ったとき、同じことを思ったんだ
非公開コメント

プロフィール

Lily姫

Author:Lily姫
大分県在住 ♀
いつのまにやら50代(≧m≦)


妄想とうたた寝が大好きです
大好きを通り越して、たえず妄想の中で生きています。


2015年2月退職しました
2015年4月介護福祉士をめざして専門学校生になりました
2017年3月専門学校を卒業しました
2017年4月地域密着型のこじんまりした特別養護老人ホームに就職しました

時間も気持ちも余裕がなく、野菜作りはひとまず中断しています。
いつかきっと再開したいと思っています。


ぼちぼち更新の、のんびりペースのブログです
読んでくださってありがとうございます
訪問とコメント、とても嬉しいです


コメントへのお返事は遅れがちですし、現在は、まとめてのお返事の形をとらせていただいてます。

ご理解よろしくお願いいたします

リンクフリーです。
でも、一言お声をかけてくださると嬉しいです。
といいながら、内気なわたし(ほんとうか?)、たびたびお邪魔したいお部屋を、いくつか黙ってリンク頂いています。

もしも不都合がありましたら、どうぞご遠慮なく、お申し出下さいませ

最新記事
最新コメント
ぷりーずふぉろーみ~
心にサプリ☆
ありがとう そしてあなたにもおすそわけ

presented by 地球の名言

お気に入り
ホッとなごみます ついつい遊びに行っちゃいます
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ワンクリックで参加
あなたの住む県は?
リンク
Lily姫の本棚
たまに更新 エヘ。 今までに何度も繰り返し読んだ本、 または、繰り返し読みたい本、 つまり超お気に入りの本を置いてます。 頭の2冊くらいは、今読んでる本です、たぶん。
ポイントサイト
数々あるポイントサイト わたしはここを利用してます
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。