スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人への階段、最初の一歩



幼稚園の頃、
「ただいま~」と帰ったときに、母の「おかえり」が無いと、
玄関の上がり框に腰掛けて、ワンワン泣いた


靴も脱がず、幼稚園バックも斜めにかけたまま、
遠くにいる母に泣き声が届くように
思いっきり大きな声で



母は、田んぼや畑で仕事をしているか
その頃、通っていた和裁学校に行っているかだった



(Lily、もう帰ってるかも? また泣いてるかも?) と思ったとき、
案の定、私の泣き叫ぶ声が聞こえてきたとき、

「自転車こぎながら、足はフワフワ、心臓バクバクだった」

大きくなってから、母から思い出話をされた




ああ・・・・・・・ごめん    って思った
悪かったなあって思った




私の帰宅時間に合わせて 農作業を中断するって 大変だったろうなぁ
和裁学校の帰りには、買い物もすませたかっただろうなぁ



自動車免許を持たない母は、どこに行くにも自転車だった

和裁学校から、山手にある家までは、ずっと上り坂だから
大急ぎで自転車をこぐのは、しんどかっただろうなぁ







たぶん、きっかけは、本当に寂しかったから

母がいない家の中は ガランとしてたし
怖かったし、心細かったし、





でもね~ 覚えているの

泣かなくても、ちゃーんと、母は帰ってくるってことを、私は知ってた

大声で泣き続けることは、すごく疲れた
なかなか帰ってこないときは、ヘトヘトだった

しばらく泣いて、一休みして、
(さて、では!)と また泣いては くたびれて


(いつまで泣かなきゃいけないのかなぁ)って、時々、思ってたんだよね

「おかえり~」の声が聞こえなかったとき
(アチャー! 泣かなきゃなんない うへー) ナンテ思ってたんだよね



母と思い出話をしてるとき、
終わりごろは、実は、仕事してるような気持ちで泣いていたってこと
私は 言えなかったんだ
申し訳なさ過ぎて・・・






小学校に上がる前、私は母に宣言した
「小学生になったら、お母さんが家にいなくても、もう泣かないよ」

母は、「ほお~♪ 偉いなぁ~♪」 と褒めてくれた




私はというと
(もう怖がっちゃダメ! もう泣いたらダメ!)という決意と
(ヤレヤレ、あんなしんどい事、やっとやめられる) という安堵と
ちょうど半々だった










はい 
小学校入学と同時に、泣くのは、ピシャリと止めました



入学式前までは、キッチリと仕事をしました ( ̄▽ ̄)








なんだ、コレ?

つまらん、一人言です  




"ヾ(><*)  おやすみっ





コメントの投稿

No title

なんとなく~
不覚にも・・・胸が熱くなりました^_^;
誰だって小さい頃経験があることですよね~

実は・・・私もよく泣いてたらしいんです^m^
・・・であんまり鳴き声がすごいから 近所のおばさん達が
うちの親に知らせに行ってたとか・・・
いつ頃から泣きやんだかは 記憶にないなぁ~
その頃の記憶がある姫はすごいね~

オヤジも・・・

母との思い出が、記憶に戻ってきた。
恥ずかしい~    (照
何だか、ジ~ンとしてきたよ。

こんにちは!

母は偉大ですよね
短いコメント!

こんにちは。

ボスも、お袋を困らせた事を思い出した v-17v-221

地団駄を~

踏んで~

母を困らせた。

遠い昔のことです。

泣き笑いの門に、福が来る。

No title

素敵な独り言ですね。

オヤジになっても心配される私が情けないです。
親孝行に励みたいと思います。

No title

うん。独り言はいいんだよ。
いろいろ思い出した時に声に出そう。
私もこないだ、母から私の書いた「字」を見て、「あら~、いいねえ。これ表装してよ」と言われた。
母に面と向かって褒められたのは、ほぼ、初めてかもしれない。
う~れしくって、う=れしくって、最高だ。
ああ、アタシって、母に「いい子だねえ」と、頭なでなでされたかったんだなあ…って。
この歳になって、お互いに素直になって、たまに喧嘩ふっかけたりして、甘えてる。
この歳になって、やっと、お互いに信頼し合えるようになってきた。
うん。

No title

泣かせるなよッ!

山や 畑や 玄関や
大口あけて 鼻垂らして泣いてる
Lilyちゃんが 見えたよ~♪

愛情の中身は
暖かさと 嬉しさと 切なさ。

うぇ~~~~~ん(笑)

No title

亡くなった母との思い出がよみがえってきました。Y・K

あぁ・・・。

同じです!
わかるなぁ・・・。

ただ 私はそこまで泣いてなかったけど・・・。e-348

家に帰ると おばーちゃんもいたけれど・・・。
おばーちゃんでは駄目でした。

おかーさんの笑顔みて やっと安心したものでした。
それから 学校であったことや好きな人の話をしたり 悲しかった事 意地悪された事 意地悪した事 何でも話してました。

大人になっても 母が亡くなるまで ずっとその気持ちは続いたかも・・・。
いやぁ いなくなった今でも なんとなく 実家に帰るといてくれそうで・・・。
父が再婚したから 実家に母の写真は一枚も飾ってもらえなくなったけれど・・・。
仏壇に行くと 母とおじーちゃんが笑って「おかえり」って言ってくれてる気がします。

素敵なお話ありがとうございました。

お彼岸ですね 明日も墓参り行ってきま~す!!

No title

ふふっ! lilyちゃん可愛いっ。

お母さんの必死さ、わかるなあ。
わたし、娘が38になってても、まだそうだもん。

熱出した、なんか困った!って言うと、
心臓バクバクさせながら、自転車こいで駈けつけるもん。

親子っていいわね~。

今は、lily姫さんがそうでしょ。
いくつになっても、子供は子供だもの。

そっか~。私も長生きしなくっちゃな~。

lilyさん。すてきな記事をありがとう♪

No title

やはり姫らしい少女時代だったようですね^^。

一人遊びするしかなかったのだなあ・・・。

で、こんな姫になったのだなあ、と思いました(笑。

Lilyより 人*-з-)chu★.:゚+。☆

みなさま、コメントどうもありがとうございます e-266e-266e-266

まとめてのお返事で失礼します m(_ _)m
遅くなってごめんなさい
Lily、この連休は、どこにも遊びに行かず、
初秋の空の下でひたすら農民になっております


そうだ、お彼岸だわっ!!!
お義父さん、お父さん、お母さん、
お墓参りもせず、クワを振り回してるLilyを、許してください m(。≧Д≦。)mスマナイ

お彼岸だったからかなぁ?
たがら、母との何気ない出来事を思い出して、
ひとり言をつぶやいたのかなぁ?(忘れてたくせに~ ダハハ)


小さい頃の私は、ほんと、泣き虫でした
中学生くらいから、大変な負けず嫌いになり上がって、
人前では、絶対に涙を見せるもんか!になったのだけどね
年をくった今は、負けず嫌いはそのままだけど
老化現象のせいで、やたらと涙もろくなっています  (。-_-。)


でも、このひとり言を書いてて、思ったのだけど
小学生になって、上がり框に腰かけて泣くのを止めたと同時に
「声を上げて泣く」 というのも、止めたように思います
わーんわーんわーん と大口開けて、泣いたのは、
幼稚園までだったと思います
小学生以降は、シクシク ひっくひっく、ポロポロ
誰かがいるときは、泣いてる顔を見られないように、
両手で隠して泣いてたと思う
(泣くのは小さい子のすること!) (泣くのは恥ずかしいこと!)
と、子供心に考えたのでしょうかね?


そういえば、
息子1号は、随分長いこと、右手の親指を吸っていたのだけど、
幼稚園に入った途端に、幼稚園では指を吸わないに変えました
自宅では、相変わらず、吸い放題でした
小学生になると、家でもどこでも、全く吸わなくなりました
自然と右手が口元に近づいて、「ハッ」とそれに気づいて
親指をひっこめて ギュッと我慢する
わ~ 必死で我慢してるんだ~と思って、いじらしかったものです

息子2号は、舌ったらずで、「さしすせそ」がうまく言えなかった
おかーちゃん、おとーちゃん、ちぇんちぇい、
ちょうぼうちゃ(消防車)、ちゅーちゃ(注射) と言っていた
誰かから、指摘されても、「これで、いーの♪」とケロリとしていた
それが、やはり、小学生になったと同時に、
ものすごく大真面目な顔で、そこだけゆっくりと慎重に、
「おか~すわん」 「おとーすわん」 「すぇんすぇい」と
発音するようになった

指を吸うのも、舌たらずの発音も、
私は、注意したり、止めさせようとアレコレ試したりは、一切してないのです
1号の 右手のこぶしが いつも斜めに口元にある顔も、
吸ってる途中で、ニコッと笑ったときの、チャブッという音も
「おかーちゃん、おちゅくりの時間だよね」と話しかける2号も
たまらなく可愛らしかったから~  (*´ェ`*)ポッ

でも、「小学生になったら、コレじゃあ、いかん!」 と
小さいながらも、大きな決意をしたのでしょうね


「小学生になる」というのは、小さな子にとって、
大きな一歩なのかもしれませんね

二十歳になるときよりも、うんとうんと、
真剣に考えて、強い決意をしているのかもしれませんね

私は、二十歳になるときに・・・ えーと、んーと
アレ? なんも考えてなかったわ (o_O)
このままじゃいけないな とか こんなふうになろう とか 何一つ!

あと数年で50歳だ!
「50歳になったら」
6歳の泣き虫だったLilyの決心に負けないように、
真面目に考えてみようと思います



私のひとり言を読んでくれたみんなが
それぞれ、自分のお母さんのことを思ってくれたこと
なんか、とっても、嬉しかったです  (*^^*)
みんなのコメントを読んで、私もまた 母とのこと思い出しました
古いアルバムをめくってみたくなりました

私の母は、かなり、とぼけた愉快な人だったのです

たとえば、
http://suzuran0228.blog35.fc2.com/blog-entry-271.html
↑ こんな事をするな人  * ̄д ̄*

たとえば、
http://suzuran0228.blog35.fc2.com/blog-entry-119.html
↑ マジでこんなことあり得そうな人  ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ.


すっとぼけた母のこと、頑固な父のこと、
また、ふと、ひとり言にして書くかもしれません



7月の熊本の旅日記もまだだし、
畑の様子は、撮った写真からは季節が変わってしまったし
残しておきたい読書ノートもあるし、 うーーーーーーーっ  ( >ω<)
でも、まだ、当分、時間のかかる記事は書けそうにありません

ありありと甦る幼い頃の思い出をひとり言にする
そんな記事が続くかもしれません
私、なぜか、子どもの頃のこと、異常なくらい覚えているんです
昨日のごはんも思い出せないことあるってのに、なんでだろ?

人の小さい頃の思い出話なんか、つまんないか σ(^_^;)アハハ



No title

初めまして。
とっても面白いので勝手にリンクさせていただきました。
事後承諾よろしくお願いいたします(笑)

No title

おじゃまします
おかげでしばらく会っていない母親を思い出しました。
小さい頃と言えば母親が自分のなかの大半を占めていた
「頼る」べき存在だったんです。
今にして思えば、目が覚めてから寝るまで世話に
なりっぱなしでした。

No title

じ~んときました~
子供って親のアテンションが欲しくて
必死なんですよね。
うちの子供たちも手がかかるけど
今が一番可愛い時なのかも!?
そのとき、そのときを大事にしたいですね。

Lilyより 人*-з-)chu★.:゚+。☆

コメントありがとうございます e-266e-266e-266


孝ちゃんのパパさんへ
いらっしゃいませ
訪問とコメント、どうもありがとうございます
そして、リンクをありがとうございます
私の方は、何度かお邪魔しておりました
いつも読み逃げばかりで失礼しました
どうぞよろしくお願い致します


ブタオさんへ
私もです
特に、生まれたては、寝返りすらできない、
顔を何かが覆っても、取り除くことすらできない、
命の綱まで、口元に運んでもらっていたのですからね
生まれてから大きくなるまで、ずっと、お世話になりっぱなしです
私の母は、1つも親孝行をしないうちに、この世からいなくなってしまいました
ささ、ブタオさん
会いには行けずとも、声を聞かせてあげてくださいな


kovaちゃんへ
子どもの頃、ズンズンと早足で歩いていく母に
置いてけぼりにされそうで、必死でついて行く夢を何度も見ました
現実には、置いてけぼりなんて、一度もなかったのにネ
幼い子どもにとっては、、母からの愛情は、
どんなにもらっても、まだまだ欲しいものかもしれませんネ
みんなのコメント読んでるうちに、母のことも思い出したけど
自分はちゃんと子育てしてきたのかなぁ?って、考えちゃった
自信ないーーー (>_<")



非公開コメント

プロフィール

Lily姫

Author:Lily姫
大分県在住 ♀
いつのまにやら50代(≧m≦)


妄想とうたた寝が大好きです
大好きを通り越して、たえず妄想の中で生きています。


2015年2月退職しました
2015年4月介護福祉士をめざして専門学校生になりました
2017年3月専門学校を卒業しました
2017年4月地域密着型のこじんまりした特別養護老人ホームに就職しました

時間も気持ちも余裕がなく、野菜作りはひとまず中断しています。
いつかきっと再開したいと思っています。


ぼちぼち更新の、のんびりペースのブログです
読んでくださってありがとうございます
訪問とコメント、とても嬉しいです


コメントへのお返事は遅れがちですし、現在は、まとめてのお返事の形をとらせていただいてます。

ご理解よろしくお願いいたします

リンクフリーです。
でも、一言お声をかけてくださると嬉しいです。
といいながら、内気なわたし(ほんとうか?)、たびたびお邪魔したいお部屋を、いくつか黙ってリンク頂いています。

もしも不都合がありましたら、どうぞご遠慮なく、お申し出下さいませ

最新記事
最新コメント
ぷりーずふぉろーみ~
心にサプリ☆
ありがとう そしてあなたにもおすそわけ

presented by 地球の名言

お気に入り
ホッとなごみます ついつい遊びに行っちゃいます
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ワンクリックで参加
あなたの住む県は?
リンク
Lily姫の本棚
たまに更新 エヘ。 今までに何度も繰り返し読んだ本、 または、繰り返し読みたい本、 つまり超お気に入りの本を置いてます。 頭の2冊くらいは、今読んでる本です、たぶん。
ポイントサイト
数々あるポイントサイト わたしはここを利用してます
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。