スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫を卒業するべきか~



熊本旅行に行く直前の記事に、「家族の一大事があって」と書きました


一大事については、またいずれ~♪  と、浮かれた調子で書いたので、
良くない一大事ではないってことはお気づきだとは思いますが・・・  (*´∇`*)



今日は、その一大事について書きますネ



少々、長くなりますし、100%個人的なことなので、
お忙しい方は、どうぞスルーしてくださいね   (*_ _)ペコリ



                             



実は・・・  我が家に、家族が増えました~     パンパ~ン



息子2人だけだった私たちに、
娘が1人と孫1人(男の子)が加わりました  (*^^*)ポッ
そして、さらに、来年の3月に、2人目の孫が生まれる予定です



こうなるまでには、いろいろあったんです
短くまとめることが難しいのだけれど・・・



現在22歳、今年の11月にやっとこさ、23歳になる息子1号のことです
社会人になって、まだ2年目の頼りないひよっ子です

このたび、娘になってくれたお嫁ちゃん(1号よりも1つ年上) とは、
学生時代から顔見知りで、大勢で会って、少し会話をする程度だったそうです

お付き合いもしてなかったし、2人で会うこともなかったとのことだけど
1号の方は、小さな小さな恋心を持っていたそうです

で、去年のこと、1号が勤めているところに、
患者さんとして来たお嫁ちゃんと再会
(以下、お嫁ちゃんのことは、Sちゃんでいきます)


Sちゃん、実はそのとき、未婚で赤ちゃんを産んでから数ヶ月の頃・・・

お付き合いしていた恋人との子どもがお腹に授かったことを告げたら
なんと、恋人は、Sちゃんのもとから、去って行ったんだそうです

家族の反対にも合い、Sちゃん自身も迷いに迷ったらしいけれど、
最後は、産んで育てることを決意したそうです
(以下、孫ちゃんのことは、Tくんでいきます)

再会したときから、そのことを1号は知っていたのか、
しばらくたってから知ったのかは、私は聞いていません
イヤ、聞いたけど、忘れたのかも?

どちらにしても、1号の恋心が大きくなることに、ためらいは無かったのでしょう

1号の猛烈アタックで、お付き合いが始まり、
付き合いだして、半年後には、「3人で暮らす」と言いはじめました

「一緒に暮らそうと思う」 と1号から打ち明けられたとき、私は大反対をしました
付き合うことが反対なのではなくて、
一緒に暮らすということに反対だったのです
「半年くらいで、なんの覚悟ができるのか!」 と言いました

1号は、「真剣に考えた」 「考えて考えて、覚悟をした」
「付き合う期間が短いってことで反対する意味がわからん」
「少しでも早く一緒に暮らして、子どもが物心がついたときには、オレのことを父親と認識していて欲しいんや」
と、言いました


考えたんだろう  真剣なんだろう  覚悟もしたんだろう
軽い気持ちで言ってるんじゃないってことは、分かってるけれど・・・
でも、母からすれば、まだまだ、ほんの子ども
自分でお金を稼ぐようになってから、わずか2年目
なにもかもが、頼りなく見えて、
「あんたの覚悟なんか、どんだけのもんや」って感じ(笑)


血のつながらない子どもを、我が子として育てることの苦労は、
母も経験がない。想像してみても、本当には分からないだろう
あなたもSちゃんもTちゃんも、これから先、
山のように、乗り越えなければいけない事が出てくるだろう
乗り越えなければいけない事について、
たとえば、あなたは、どんなことを思い浮かべてみたのか言ってみよ

あなたとSちゃんの2人だけで、親に隠れて同棲するのとは、わけが違う
2人だけなら、一緒に暮らして、うまくいかなくて別れてしまったとしても
傷つくのは2人だけやし、傷ついても自業自得やし、いい経験にもなるやろう

でも、Tくんがおるやん
Tくんが傷つくのは、自業自得なんかやないで!
結婚式挙げてなくても、籍入れてなくても、同棲とは違うと思うよ

3人で暮らすってことは、もう、家族になるってことだと思うよ

あなただけのことではなくて、SちゃんとTくんの人生にも関係してくるんやよ
進学するとか、職業を決めるとか、
そんなんよりも、もっともっと重大なことだと思うよ
「今、自分は、人生で一番重大なことを決めようとしているんだ」って
しっかり自覚して、考えてるん?
と 言いました


Sちゃんを好きだという気持ちの中に、
一人で子どもを産み、一人で育てているSちゃんへの同情が混じっていないか?

Sちゃんが、あなたを好きだという気持ちの中に
妊娠が分かった途端に逃げていった前の恋人と無意識に比べて
あなたが実際以上に、誠実で頼もしく見えるってことはないか?

お互いの気持ちの中に、そんな錯覚はないのか?
本当に、これからの人生を一緒に歩いていきたい相手なのか?
そーゆーこと、もっと、時間をかけて考えてからでもいいのではないか
というより、そうするべきなのではないか
Tくんのためにも、、何倍も慎重になるべきじゃないの?
と、言いました


「今すぐに一緒に暮らすということには、反対である」
「もうすこし、じっくり時間をかけなさい」 
結論はそれ、
その結論は、いくら相談されても、変わらないから! と言いました

2人がいいお付き合いを続けて、たとえば、1年後とか2年後に言われたら
答えもまた違うだろうとは思うけど、と言いました


「反対ってことは、どういうことになるんかなぁ?」
と、わけのわからん質問をされました

質問の意味がわからん
反対であるって言うこと以外に、なにもできんやろ?
反対を押し切って一緒に暮らしたら、それで親子の縁がなくなるわけでもなし
そうならないように、壁にしばりつけて、拘束するわけでもなし
「お母さんは反対よ」と 言葉で言う以外に、何ができるん?
真剣に考えて、「こう思う」 と言うことしか、親はできんやん!!!
と言いました


そんな堂々めぐりの話し合いを、3ヶ月ほど続けました


3ヶ月たっても決意の変わらない1号は
3ヶ月たっても反対だと言う私に、
「ごめんな。でも決めたけん」と言って、3人での生活を始めたのでした



親は、なにもできんもんですね~
そして、バカですね~

反対を押し切って、同居を始めた3人に、
どうか、幸あれ!と やっぱり願うのであります

うまくいかなくて、「ホラ見たことか!」 「だから言ったやろ!」 
と言いたい気持ちは生まれないのであります



すっかり父親の顔になってる1号
見慣れない人に会うと、1号にしがみついていくTくん
眠くなって、ぐずぐずになると、1号の抱っこじゃないとダメなTくん
学資保険はどこのがいいかなあ?とパンフレットをのぞきこむ1号とSちゃん


いろんなことあっても、大丈夫かなぁ
なんとか乗り越えていけるかなぁ
そうあって欲しいなぁ  と思うようになりました

1年か2年たったら・・・イヤ、もっと早い方がいいのかなぁ?
2人が結婚するって言ったときには、もう反対の理由は見つからないな
と思うようになっていました


1号も、たまに実家に帰ってくると、入籍の時期についてなど
ボソリと、自分達の考えてることを話していました





だがっ! のんびりしたことは言っておられん情況になったのであります

Sちゃんのお腹に、1号との赤ちゃんが芽生えたのであります  






先日、入籍はすませました
婚姻届の保証人の署名捺印をしたら、
「これもお願いします」と1号が書類を出しました
Tくんの、養子縁組の書類でした
ああ・・・と、少し胸が痛みました
赤ん坊の頃からかかわって、すっかり父と子になっているのに
やっぱり、養子となってしまうのか・・・・って思いました
戸籍の、養子という文字はずっと消えないんだなぁ・・・って思いました





お腹が目立たないギリギリの時期、11月に、結婚式を挙げます  



いつか、金が貯まったら、そのときに式を挙げるつもりだ と1号は言うし
Sちゃんも Sちゃんのご両親も、
結婚を許してくれるだけで・・・式なんて・・・ という雰囲気でした

でも・・・私も女だからさ
私がSちゃんだったらって考えてみた
ウエディングドレス着なかったこと、一生後悔するって思った
年をとったときに、やっぱり着たかったなぁって絶対に悔やむって思った

「いつか」ナンテ言ってたら、絶対に、「いつか」はやってこないんだって思った
これから、2人の子どもを育てていくのに、
お金の余裕なんか、どうしてあるもんかって思った
必死でお金貯めても、それを結婚式で使うことなんかできるもんかって思った
生活していくだけで精一杯のはずだって思った

私にもし、娘がいたら、
結婚式挙げて欲しいって思う
ドレス着て、最高にきれいな娘を、見たいって思う


それに、土地柄というかなんというか、
ここは、他人のことをとやかく言う人が、とても多いのです
他人のことをとやかく言うから、他人から言われることにも敏感なのです
連れ合いの身内は、とても世間体にうるさくて、うるさくて、うるさくて・・・


聞こえないところでコソコソ言うのは、
別に~  お好きなだけ、どうぞどうぞ~ なのだけど

「本人たちが決めて、しかも親も認めた結婚です!」
「口は出させません!」
の気持ちを形にするためにも、結婚式を挙げてやりたいと思いました




連れ合いも私も、親バカというよりは、バカ親でしょうかね  (* v v)。。。

いろいろ考えた挙句、出した結論は、
借金をしてでも、1号とSちゃんの結婚式を挙げてやろう! でした



(*´∇`*) アハハ    アハハハハハ
借金しました~  \(▽~\*))((*/~▽)/  
ますます、貧乏に拍車がかかった我が家であります


やっていけるのだろうか?  やってくしかないんだけどネ
でもって、本当になんとかなるもんです

1万しか残らなかったら、1万の生活をすればいいんだし
今までもなんとかなってきたから、きっとなんとかなる!!!







それよりも、実は、1号の方が心配なのです

あの子が!
あの頼りない子が!!
4人家族の大黒柱として、しっかりやっていけるのだろうかって






そして、心配と言いつつ
気がついたら、ニヤニヤしてるのです

家族が増えたこと、
秋がきて、冬が過ぎて、春になったら、もう一人増えることが嬉しくて








長くなりました
最後まで読んでくださった方、どうもお疲れ様でした
ありがとうございました   






そうそう、タイトルのことだけども

このたび、 になったLily

 は返上しなきゃいかんですかなあ  





コメントの投稿

No title

Lilyさん、お久しぶりです!

長い間コメントしておりませんでしたが、今回の記事、とっても感動しました。

今回の記事で心配だったのは、息子さんの赤ちゃんが生まれてから、養子にした子と自分の子を平等に扱えるか?息子さん自身が苦しむような気がしたのですが、こんなしっかりした考えをもつお母様に育てられているなら、息子さんは心配ないですね!

アメリカに住んでいると、色々な家族の形を目にします。
息子さんのような場合もよくありますが、いつも血が繋がっているから家族関係がうまくいくとは限らないと感じさせられます。
逆に血が繋がっていないほうが、お互いの幸せを考えてあげられる場合も多いはず。

息子さんファミリーの末永いお幸せ、お祈り申し上げます!

姫のままで^^

おはようございます^^
すごく家族で考え続けられた結果なんだとおもいます
大変なこともあったでしょうし、これからもあるでしょうけれど
絶対大丈夫感が漂ってます♪
赤ちゃん、家族・・輪が育ってく・・
いいなあ
大変だと思うけど
いいなあって^^
すごくすごく いいなあって
感動しています

その親があり

この子がある。
息子さん、すごい選択されましたね。
おばぁちゃんですか、姫さん?    (笑

おめでとう。
この言葉が、1番ですね。

わかるわかる。

親の心はそういうもんじゃ^^。

しかし、わざわざ養子などと・・・。
別に実子で届けていいじゃん?!
いろいろあるか・・・

「姫」を外したらあかん!
80でも90でも姫は姫なのだ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

同じ様な年頃の子どもを持つ親として~
ドキドキしながら読みました。
家の子が もし・・・・と思ったら
私・・・どんな態度とってしまうんだろう?
ましてやいきなり血がつながってない子供の親になるなんて
すごくパニクってしまうんだろうな・・・
でも・・・子供がよく自分なりに考えて決めた事だろうから
最後は 姫とおんなじことしていそうだなぁ~

親ってそんなものかもね^_^;

私より先に おばあちゃんになるんだね~^m^
おめでとう(^_-)-☆

こんにちは。

おめでとうございます。

家族が増えることはうれしいですね。

大勢がいいですよね。おばあちゃん。(笑)

No title

おめでとう!
テニス部の第1号おばあちゃんだね!
きっとかわいくて、かわいくて仕方ないよぉ!

しかし、自分に置き換える事がとても難しい!
ある意味、想像を絶する・・・
でも、まちがいなく
かわいいお姑さんになるでしょうね!

じゃぁ、

折衷案で「ババひ・・・」

・・・・・・・・・・・・ごめんなさい、ごめんなさい!
現状維持で宜しいかと。

おめでとう\(^o^)/

姫の気持ちが痛いほどよくわかる
もしウチの息子が同じ立場だったら私もたぶん反対してると思う
でも若いって良いね~
何でも物事を前向き!前向き!に考えられて真っ直ぐに進んでいく(*^^)v
これから幸せと同じくらい苦労もあるだろうけど
でもさ~結局は親は子供のために応援しちゃうんだよね
ウチも息子のおかげでボンビー生活をしてるけど食べていけないほどの生活じゃないしね…親は子に弱いよ(-_-;)
息子が子供と遊んでる姿を親の私はすごく微笑ましく見てます
姫も同じだね(*^_^*)
あっ!姫はやっぱ姫のまんまがイイナぁ~^m^

❤結婚式❤楽しみだね❤

No title

姫は姫のままでいいじゃん♪
婆になっても永遠の「やんちゃ姫」でさ 笑

素敵だな~、孫が一気に二人かい (^^)
親子共々、色々悩んで考えて
親はいらぬ心配をしながらも子供の幸せだけ考えて…

素敵なお話しをありがとう

姫の優しい親心が感涙を誘ったよー!!
なんだか他人事に思え無くて泣きながら読んでた(嬉し泣きね)

1号くん、Sちゃん、Tくん、これから生まれてくるベビちゃんに幸あれ!!
あぁ、私もなんだか幸せな気分だわ♪

色々葛藤はあっただろうけど
心から「おめでとう」と言わせていただきます (^^)

人生いろいろ

現在は、少子高齢化、無縁社会の時代です。

姫なる愛は、海よりも深し!

様々な生き方、これもこの世の縁だと思いますよ。

後戻り出来ない縁あって家族、絆を大切にして幸せを追いかけて行きましょう。

何々? 姫を返上ぢゃとな? (*_*)
それは出来ぬ相談ぢゃな。

大体がワシの立場をどうお考えぢゃ!
姫無くして、爺はどうしろと仰るのか?
お役御免と仰せか? (;o;)

いっそ腹を切れと言うて下され…(T-T)

No title

それはそれはおめでとうございます。
ご心配もあるでしょうが、あとは本人次第ですよ。
ともかく、家族が増えたんだから、もっともっと野菜をたくさん作らなきゃね。

「姫」はキープでいいですよ。
でも、お孫さんに自分のことを「姫」って呼ばせちゃだめですよ。

No title

昔の記事で「家族の一大事があって」というのを見て、
多分息子さんのどちらかが結婚でもするんだろうなとか思ってたけど、
なかなか複雑な事情があったんだね。(^^;)

これからは、息子さん夫婦に手作り野菜を送ったり、
孫と一緒に野菜育てるとか、大変では有るけど楽しくもあるね!!。

姫を卒業って何の事かと思ったら、
それなら孫が出来たと言う事で姫から女王様に昇格したら。
これからは女王様とお呼びって。(爆)

No title

ははは
おめでとう~~~~~!!!

No title

こんばんわ~♪

色々と大変なご決断をされて・・・
でも本当におめでとうございます!!!!!

Lily姫さんは姫さんのままで!!
これからはLily姫さんから、姫ちゃんと呼ばさせて下さい^^v

No title

まだまだ、若いお婆ちゃんだ
女性はいつまでも、若くなくちゃいけないから
やっぱり姫ですがなσ(゚ー^*)

これからは、1号くん家族のために
明るく野菜づくりに、頑張る日が続きそうですね

とにかく孫は可愛いぞ~(笑)

No title

おめでとう~っっ!

親として、姫ちゃんが悩む気持ち、よくわかる。
心配する気持ちも、幸せを願う気持ちも、痛い
ほどよくわかる。

Sちゃんにドレスを着せてあげたいって思った
姫ちゃん、よくそんな風に思えたね。
すごいと思うし、立派だと思う。

優しい姫ちゃんは、いつまでも姫なのだ。

ババ友~~~。イエイッ!!

つくづくね、親が思う(子どもの)幸せと、子どもが自分で創って行く幸せとは、全く違う~~~という事を実感しとります。
旦那の甥っ子が、2人子連れの嫁をもらいました。両方とも再婚同士です。そして、二人の間に新しい子どもも生まれました。
回りが「どうなんだかなあ」と心配するのをよそに、二人は二人の幸せを造り続けております。
孫は可愛い。どんな縁で結ばれた孫でも可愛い。

No title

Lilyさん、おめでとう!!!

やっぱり、ステキな息子さんじゃないですか!!
堂々と、いいおばあちゃん(ごめんね)になってください( ̄▽ ̄)
そして・・・
永遠のお姫様でいてください!!

Lilyより 人*-з-)chu★.:゚+。☆


みなさま、コメントありがとうございます e-266e-266e-266


まとめてのお返事で失礼します


ありがとう~~~~~~~ 。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。
みんなからの温かいコメントがありがたくて、うれしくて
うれしくて、うれしくて・・・
Lily、今夜は失語症になりそうです  (ノд-。)

自分の子どものことになると、ダメね・・・
ホント・・・必要以上に、いつも心配ばかりしてる

あの子なら、きっと大丈夫!  って思ったすぐその後で
あんなに頼りない子が、本当にやっていけるのだろうか? と思う

でも、しっかりやっていくしかないんだもんね

誰かが勝手に決めて、あなたに押し付けたことではないよ!
自分たちで決めたことだからね!
いろんな事あっても、2人で話し合って、力合わせて、
乗り越えていかないとね!
だいじょーぶ!  あなた達ならだいじょーぶ!
20年後は、きっと、
「いろいろあったけど、なんとかやってこれたね」と2人で話してるよ
そして、今のお母さんたちみたいに
親の気持ちも知らんで、心配ばっかりかける子どもたちに
頭かかえたり、ため息ついたりしよるよ ブハハ

つい最近は、電話で、1号にそんな風に話しました

つらつら思い出してみると
私は、覚悟なんかしないまま結婚したなぁ
もっとボンヤリしてたなぁ

どんな苦労が待っているかとか
そんなときは、どうやって乗り越えていくかとか
具体的に想像してみて、覚悟を決めたことなんか、一つもないや

それなのに、偉そうに・・・  ( ̄m ̄* )
ま、でも、親は自分のことは、なんぼでも棚に上げるもんです
それでいいんだよね?  ね~?



Lily婆より、Lily姫でいたいので~
まだしばらくは、姫を名乗らせていただきますっ  (*≧m≦*)

孫ちゃん達には、なんて呼ばせようかなぁ~
やっぱり、「おばあちゃん」かな~?

心配ばかりしてるってのは、本当なんだけど
ハッと気づいたら、ニヤニヤしてるのも本当なんです

来年、2人目の孫ちゃんが生まれるころには
Tくんが、片言をしゃべる時期かな~?
「ばあば♪」 ナンテ呼ばれたら、とろけるかもしれん (〃∇〃)

孫自慢の記事が増えても笑わないでね~~~~



No title

Lily家の一大事ですね~
おめでとうございます。
1号さん、エライですよ~
それと・・Lilyさん夫婦の決断も素晴らしいと思いました。
お金より大切な物って、絶対にあると思います。
きっと、何倍にもなって帰ってくると思いますよ。
こりゃ~ますます畑で自給自足を頑張らないとですね!
Lily婆頑張れ~

良い話ではないですか

Lily姫さん、お早う御座います

カメロボットです(妻ではアリマセン)

色々、悩まれた様子、わかります

1号さんの純粋な気持ち尊重してあげてもらって、カメロボットも

嬉しくなりました

又、結婚式もあげられるようで、なお感激です

僕は、この夫婦うまく行くと思います

Sさんや、Sさんのご両親は、1号さんを、すごく大事にされると思います

後は、1号さん、それに、頭に乗らない事ですね

1号さんが、これさえ守れれば、ずーっと安心です


1号さん夫婦と、Lily姫さん家族が、幸せになられることを祈っています。

No title

初めまして

いろいろなブログを見ていましたらここにたどり着きまして、
なんか聞いたことある方言やなぁ~っち思いよったら
やはり大分県在住でしたのでメッセージ残させていただきました。
*私は大分県津久見市出身です(笑)

大変、良いお話を拝見させていただきました。
私も5月に1号が生まれたばかりでして、
親の気持ちがわかってきている段階です。

でも息子が大きくなった時、私もLily姫さんのように
認めてあげることができるのか、ちょっと自信ないですね。

これから息子と嫁様と一緒に協力して暮らしていこうと
決意を新たにしました(笑)

No title

長いよっ、姫ちゃん!!!(笑)

゚・:,。★\('ー'*)♪オメデトウ♪(*'ー')/★,。・:・゚

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

仲間だ v-237
仲間~ v-363v-363

婆仲間 v-222v-17

おめでとうございます♪

わ~、lily 姫さん。すてきすてき。

おめでとうございます♪

若い二人の決断。立派ですね。
淡い恋が、このような強い縁になる…なんとすてきじゃありませんか。
息子さんが勤めておいでのところに、Sちゃんが訪れたというのも、
きっとご縁があったからですね。 
いいなあ…なんか感動!ですね。

…こうやって、家族が増えていくんだなあ…。
わたしのまわりでも、一組の若夫婦が生まれました。姪の子供。
二人で考えて、彼らも式はほんとに身内だけ。
京都の古いお寺で厳粛に仏前結婚。
今日、その写真が届いたばかりでした。

秋のお慶びの日が楽しみですね。わくわく・・・
わたしが興奮してどうする?(笑)
なんだかだって、、人ごとじゃないですもの。

本当におめでとうございます。
お二人、プラス小さいお二人の末永い幸せを心から
お祈り申し上げます。

lily 姫さんは、いつまでもlily 姫さんよ。


Lilyより 人*-з-)chu★.:゚+。☆

みなさま、コメントありがとうございます e-266e-266e-266


今日もまとめてのお返事で失礼します

ありがと~~~~~~ (ノд-。) うるる



心配でたまらなかったの

悩むのも、決めるのも、乗り越えるのも、1号とSちゃん。
親は、心配するばっかりで、結局なんにもできない。
決断したことを、ハラハラしながら見守ることしかできない。
代わりに頑張ることなんかできないんだし、
なんにもできないんだし、
分かっているけど、心配でたまらない

でも、なんか、大丈夫だって思えてきた
おめでとう♪ をイッパイもらったら、
ものすごい幸せなことが我が家にやってきた気がしてきた

本当に、本当に、ありがとうございます  (´▽`*)/♪




来週の日曜日には、式のときに着る留袖を決めに行くのよ~
わーわー 留袖だってさ~~~
いかにも、新郎新婦の親って感じがするー   わーわー
この私が・・・・・・・どうしましょって思って
あっちバタバタ こっちバタバタと走り回りたい気分です

何か壁にぶつかっても、彼らなりに乗り越えるだろうと信じて
まだ見えない壁を思って、ハラハラするのはやめて
結婚式を楽しみにしておくことにします
娘と孫ができたことを喜ぶことにします


お式までは、あと3ヶ月先ですけど、無事に終えたら
またご報告しますネ


No title

相変わらづ・・・ 長い文書(笑)
姫ちゃんは姫のままで いてね
孫ちゃんにも「姫」って呼ばせな!!!(笑)

゚・:,。★\('ー'*)♪オメデトウ♪(*'ー')/★,。・:・゚

No title

お、おめでとう。

やっぱ、一号君、 最後はうちのお母さんならなんとかしてくれると思ったのかな? 頼られている証拠だよ。 若いうちに苦労するのは将来ためになると思うよ。 

うわ~

おめでとう~♪
一足早くに婆様か~い(笑)

姫ちゃん あんたは凄い!
ここにくるまでじっくりと息子君と話したんだろうね。
自分に置き換えてみたら、私 出来ないかもしれない。
だた反対しまくるだけになりそうなんだもん・・・
悪いほうにばかり考えてしまうからね~

姫ちゃんはすごくしっかりとした考えを持ってると
いつも感心してます。
貴女が育てた息子だから、これから先もきっと家族を大事に
していくと思う・・・
婆様 本当に゚*。★おめでとうございます★。*゚(*V_v艸)

もうすぐ私の留め袖が出来上がるけど、貸そうか?(笑)
桜吹雪がまっているのよ~ だって極妻仕様だから~~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます

じゅんさんへ
アハハ 長すぎだね・・・ σ(^_^;)アセ
おめでとうをアリガトウ♪♪♪
うん、まだ当分、姫を名乗らせてもらうつもり  てへへ


ゴルッテリアさんへ
頼りにされては困りますっ (〃゚д゚;A
しっかり、自立してもらわねばっ!!!
自立・・・ああ、自立どころか、親になってしまったわい
頼りないなあ
でも、これが、25歳だろうと、30歳だろうと、やっぱり心配してるんだろうな
必要以上の心配をしても、仕方ないですよね
私は私で、自分の生活をガンバロっと


カン子ちゃんへ
どんなに幼い決断でも、子どもが自分で考えて決めたことには
親はなんにも手出しできないんだなぁって、思い知らされたよ
信じて、見守るしかないんだよね
お先に婆になっちゃいました~  ヽ(^◇^*)/
極妻仕様の桜吹雪舞う留袖ですか?
カン子ちゃん、似合いそうだー
いいなぁ、私は黒いもの着ると、元気ないの?どしたの?って言われる
似合う留袖、あるかな~?


鍵コメさんへ
そうよね、血の繋がりだけが強いわけじゃないもんね
素敵なお話をありがとう
きっと大丈夫!って信じられる気持ちが大きくなったよ
たぶん、いろんなことがあると思うけど、
うん! きっとね!
1号は上手に乗り越えるタイプじゃないけど、
なんとかかんとか乗り越えていくような気がする
ガハ こりゃ、親とはいえ、失礼かいな?(笑)


No title

v-22すでに人生の山をひと山越えた御嫁ちゃん、自分で育てるって決心だけでも立派だと思います
そして、1号君が惚れていただけのことはあったってことですよね
それを釣り逃した男は哀れとしか言いようがない、本当になるべくしてなった結果なんでしょうね
最初から1号君の恋心が実っているより、ずっしりと重たい、価値ある結婚になったんだ
こんなこともあるんですね

ちょっと遠回りした分、山を乗り越えた分、素敵な人生が待っていると思います・・・立派なババがいることだし姫がいることだし(笑)

借金人生に幸あれ~~、ピッカピッカの貧乏バンザ~イ!
汚れたお金持ちがたくさんいる世の中、こんな人がいてくれるのがうれしい

今日は朝からむっとすることが二つもあったけれど、すっきりしたよ~
ありがとさん!
お二人に幸あれ~~~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます

葉っぱちゃん & 鍵コメさんへ

どうもありがと~~~~~~ ・゜゜・(/□\*)・゜゜・

1号とSちゃん、決して、しっかりしてるからできた覚悟ではないと思うの
若さゆえの甘さが、いっぱいあると思う
お付き合いを始めてから、まだ1年ちょいくらいじゃないかなぁ
意地悪い言葉を使うと 「のぼせ上がってる」状態だよね
Tちゃんがいるのだから、もっと慎重になって欲しかったなあって
今もそれは思う

でも、じっくり時間をかけて考えたことが、必ず正しいとは限らないしね
ある意味、勢いというか、弾みというか、
回りの忠告なんか耳に入らないくら、のぼせ上がった状態じゃないと
結婚なんかできないのかも?とも思うし

新しい命を授かったから、
「やっぱり、もう少し考えなさいよ」ナンテ言えなくなったし σ(^◇^;;

もうね、いろいろ心配しないことにした
心配だけどさ、
必要以上の心配は、どこかにエーイって投げ捨てることにした

なにか大きな問題にぶつかったとき、
そして、相談を持ちかけられたときに、
そのことだけを、心配することにした


たくさん励まされました
どうもありがとう e-266e-266e-266
非公開コメント

プロフィール

Lily姫

Author:Lily姫
大分県在住 ♀
いつのまにやら50代(≧m≦)


妄想とうたた寝が大好きです
大好きを通り越して、たえず妄想の中で生きています。


2015年2月退職しました
2015年4月介護福祉士をめざして専門学校生になりました
2017年3月専門学校を卒業しました
2017年4月地域密着型のこじんまりした特別養護老人ホームに就職しました

時間も気持ちも余裕がなく、野菜作りはひとまず中断しています。
いつかきっと再開したいと思っています。


ぼちぼち更新の、のんびりペースのブログです
読んでくださってありがとうございます
訪問とコメント、とても嬉しいです


コメントへのお返事は遅れがちですし、現在は、まとめてのお返事の形をとらせていただいてます。

ご理解よろしくお願いいたします

リンクフリーです。
でも、一言お声をかけてくださると嬉しいです。
といいながら、内気なわたし(ほんとうか?)、たびたびお邪魔したいお部屋を、いくつか黙ってリンク頂いています。

もしも不都合がありましたら、どうぞご遠慮なく、お申し出下さいませ

最新記事
最新コメント
ぷりーずふぉろーみ~
心にサプリ☆
ありがとう そしてあなたにもおすそわけ

presented by 地球の名言

お気に入り
ホッとなごみます ついつい遊びに行っちゃいます
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ワンクリックで参加
あなたの住む県は?
リンク
Lily姫の本棚
たまに更新 エヘ。 今までに何度も繰り返し読んだ本、 または、繰り返し読みたい本、 つまり超お気に入りの本を置いてます。 頭の2冊くらいは、今読んでる本です、たぶん。
ポイントサイト
数々あるポイントサイト わたしはここを利用してます
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。