スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつこく神楽だ~(*>▽<)o



またまた、神楽ですっ    

どんだけ好きなんだっちゅーねん   ニャハ

もうねっ 好きを通り越して、自慢というか、誇りに近い (笑)

全国の神楽も、見て回りたいなぁ~
どこの神楽を見ても、きっと大好きになるだろうなぁ
でも、きっと、「やっぱり、ふるさとの神楽が一番☆」 って思うんだろうなぁ



3つも続けて記事にしているのは、
6/12に、道の駅「豊前おこしかけ」 で、行われた定期公演会の様子です

年に9回の公演が行われていて、毎回、違う団体が舞いを披露します
今年度は、来年3月までの間に、残り6回です


ああ、どれも見に行きたいっ  

あーん  何か、里帰りする正当な理由はないかなー?

両親ともにいなくなり、実家が空き家になってしまうと、
(この用事のために帰らなくてはいけない)という理由が無いと、なかなか・・・ネ





もう、飽きあきかもしれませんが、
神楽の写真、もう少し見てください  (//▽//)






DSC_4036.jpg






DSC_4043.jpg






DSC_4049.jpg






DSC_4054.jpg






DSC_4060.jpg







神たちから、大切な鬼棒を奪われてしまいました

「ワシのコレ知らん?」  「こーゆー長いやつ!」
「どいつだー? 盗ったのは」  と言っております

いえ、実際は声は出しません
身振り手振りです



DSC_4070.jpg   DSC_4073.jpg







「どこじゃ~?」 「どこじゃ~?」

「あっ! 見つけたぞ!」


DSC_4069.jpg   DSC_4063.jpg







いきなり、お客さんの傘を持っていかれました
「それは違う」  「構わん、かせ!」


「ヤイ! これでどうだっ!」
傘を開いて、神たちに立ち向かいます



DSC_4064.jpg   DSC_4066.jpg








ああ、ダメだ、傘なんかじゃダメだ

でも、鬼棒は、大蛇の腹の下です


DSC_4072.jpg   


そうだ! 子どもが頼んだら、鬼棒を返してくれるかもしれない

舞台から、一番遠い席にいた小さな子が連れていかれました
(親たちは守るどころか、その役、ぜひうちの子に!と差し出します)


DSC_4075.jpg




自分の代わりに、神たちに頭を下げさせようとしますが
初め、キョトンとしてた子は、途中から大泣きです


DSC_4079.jpg







もう少し大きい子じゃないとダメか~ってことで
小学生の一人がスカウトされました

暴れまわる大蛇に、噛み付かれたり、シッポで叩かれたり

「ソレ~! ヤレ~! そこだっ、ガンバレ~!」
自分の鬼棒なのに、子どもにまかせっきりです

やりましたっ!  
すばやい子どもは、見事に大蛇をかわし、鬼棒を奪い返しました

DSC_4081.jpg   DSC_4083.jpg





演目が終わってからも、しばらく、お客さんたちとふれあいますよ

人間がお面を被っているだけって分かっていても、
近くでギョロリとやられると、ゾクゾクと怖いです

怖くて、愉快で、大好き



DSC_4086.jpg   DSC_4087.jpg







大人も油断はできません
たまには、大人が、舞台に無理やり上げられることもあります


Lily,なんと経験者です  (* ̄▽ ̄*)

偶然、再会した友人とのおしゃべりに夢中になってて、
舞いを真剣に見てなかったのです

突然、抱き上げられて、グルグル回されて、
最後は、神さまの方向に正座させられて、土下座です

二人羽織みたいに、後ろから鬼が私の手を持ち、
パンパンとかしわ手を打たされる
時々、外されて、自分で自分のほっぺを平手打ちさせられる
頭をグイグイと床に押し付けられる

子どもの頃ならともかく、ほんの10年くらい前のことですから~
恥ずかしかったよ、まったくもう   









この日は、九州全域が、豪雨でありました

屋根がある場所での舞いでしたが、屋根はあっても壁はなし

観客席に座っていても、霧雨の中にいるような感じでした
少し、肌寒い一日でしたが、
熱々の貝汁を食べ、大好きな神楽を見て、ホカホカのLilyでした






DSC_4045.jpg

京築地方も、いいところイッパイあるきな~
神楽も、ぜひ、見にきちくり~ 
 






神楽は、やっと終わりです
お付き合い、ありがとうございました  (*´エ`*)オツカレ~


でもまだ、ふるさと編は続くのではなかろうか・・・?  はてさて

更新の日も、内容も、さっぱり未定であります






コメントの投稿

No title

観客参加型の神楽なのね 
私ならきっと「もろ手を挙げて」積極アピールかも 笑

No title

おおおおお!神楽や
次回も神楽で・・・・たのんます^^

好きなものがあるというのは、良い事ですよね
なんか・・料理しながら神楽踊ってるLily姫の姿が頭をよぎります(笑)

No title

ははは
子供と間違えられたかも~?

姐御には

ド派手な衣装が良く似合・・・あれ?

あ、姐御っ!こ、子供を喰うの?
・・・鬼子母神様じゃ~~っ!

わはは!

Lily姫が、お姫さまだっこされたん?^^!
お神楽が大好きなんだ^0^。

よし!
兄ちゃんはお面をかぶらなくても、
神楽顔といわれてるでな。
もうええと言われるまで、踊っっちゃるき!はははは。

No title

10年程前に?
きっと、「あれ、うぶな女子がいるべ。いっちょ、連れて行くか…」と中学生くらいに間違えられたんじゃない?

No title

綺麗だしすごいわ~。
なにがすごいって、Lilyちゃんの 解説、楽しい~!
それに、わかりやすい。
写真の数も いっぱいだし、大変だったべな。
ありがとーね~♪

なんだか、勿体無いなぁ。
小冊子にできそうな 感じだけど!

No title

↑あはははは、同感っ!

No title

神楽は見たことないですが、昔の人にはたのしみだったのしょうね。綺麗な衣装をきていますね。豊前の道の駅オコシカケであるんですね。山に行くとき、時折より、弁当をかいます。誰も住んでいない実家を訪れないのは寂しいですね。会社の同僚なんか、長野市内に住んでいますが、妙高高原の麓まで1ヶ月に1度、誰も住んでいない実家に掃除にかえっています。感心です。

No title

岩手にも早池峰神楽がありますよ
是非見においでませ~ (^▽^)

コッチに紹介がありますよ
     ↓
http://www.iwatetabi.jp/page/special/kagura/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

このお話の内容というか
なにかの昔話なのかな?

もし、鬼の立場ならみなさんはどうしたのだらう?
神の立場なら?どうした?

鬼棒を奪い返す?
自分ならどうしただろう?
悩んで悩んだあげくに自分から向かって行くのかな?
誰かが止めないないかぎり
?ばっかりですすみません
神楽 じかでみてみたいです

Lilyより 人*-з-)chu★.:゚+。☆


みなさま、コメントありがとうございます e-266e-266e-266

お返事遅くなってごめんなさい
まとめてのお返事で失礼します


うんざりじゃなかったでしょうか~?
あー 良かったです  (;^◇^;)ゝ 安心したー


震え上がったり、爆笑したり、見惚れたり、
私、神楽なら、一日中でも飽きることなく見ていられます
道の駅であったこの公演は、1時間半くらいだったっけかなぁ
「あーん、もう終わるの~?」と、駄々こねたいくらいでした

表情の変わらないお面を被っているのに、
すごく表情豊かに見えるんですよ
不思議な世界です

昔は無かった、新しい創作神楽も生まれてて、
昔は決して許されなかった女の子の舞い(巫女神楽)を
取り入れてる団体もあるんです
今、もし私が子どもで、ふるさとで育ってる途中だったら
絶対に、絶対に、ぜ~~~~~ったいに、神楽舞いになってた!!!

ふくちゃんさん、そうなのですか?
私はてっきり、神楽の盛んな地区のどこかだと思っていました
機会がありましたら、ぜひぜひ、ご覧になってくださいませ
ちなみに、次の公演は、9月11日(日)です
豊前市三毛門の神楽があります
なーんて・・・わたし、まるで「神楽大使」みたい  (〃∇〃)テレ

ponkotu40さん、見た!見た!見ましたよ~
もっと見たいです !!!
短くて物足りなかったです(笑)    うずうず
やっぱり、音楽も舞いも服装も、九州のとは、かなり違います
いつか見に行けたらいいなぁ~~~


じゅんさん、他の地方の神楽のことは、よく分からないのだけど
私の知ってるふるさとの神楽について書きますね

神楽って、たぶん、「神々に捧げる音楽と踊り」だと思うんです
伝説というか、日本神話の中のお話を舞うこともあるよ
豊作と無事を、神さまに感謝する舞いもあるよ
鬼が、単純に悪者として舞うものもあるよ
神々が寄ってたかって、やっつけようとしても、圧倒的に強い鬼!
でも、なんとか、やっとこさ神々が勝利する、そんな舞いもあるよ
たぶん、そのときの鬼は、
干ばつとか、洪水とか、病いとかの災いの役だと思う

ほんの短いものでも、どこかに遠征したものでも、
必ず、神さまを祭って、その前に舞台を作って、踊ります
捧げる舞いは、おごそかなものばかりだけじゃないんです
神さまが、ゲラゲラお腹を抱えて笑うような面白いものもあるの
笑いも、大切な捧げものなんだなぁと、そんな風に理解しています
この記事で紹介したのは、「笑いの捧げもの」じゃないかなぁ
うまく表現できなかったよ  ごめん


3つも続けて、神楽ネタだったけれど
お付き合いしてくださって、ありがとうございます

たぶん、これからも、時々、書きます  (//∇//)






非公開コメント

プロフィール

Lily姫

Author:Lily姫
大分県在住 ♀
いつのまにやら50代(≧m≦)


妄想とうたた寝が大好きです
大好きを通り越して、たえず妄想の中で生きています。


2015年2月退職しました
2015年4月介護福祉士をめざして専門学校生になりました
2017年3月専門学校を卒業しました
2017年4月地域密着型のこじんまりした特別養護老人ホームに就職しました

時間も気持ちも余裕がなく、野菜作りはひとまず中断しています。
いつかきっと再開したいと思っています。


ぼちぼち更新の、のんびりペースのブログです
読んでくださってありがとうございます
訪問とコメント、とても嬉しいです


コメントへのお返事は遅れがちですし、現在は、まとめてのお返事の形をとらせていただいてます。

ご理解よろしくお願いいたします

リンクフリーです。
でも、一言お声をかけてくださると嬉しいです。
といいながら、内気なわたし(ほんとうか?)、たびたびお邪魔したいお部屋を、いくつか黙ってリンク頂いています。

もしも不都合がありましたら、どうぞご遠慮なく、お申し出下さいませ

最新記事
最新コメント
ぷりーずふぉろーみ~
心にサプリ☆
ありがとう そしてあなたにもおすそわけ

presented by 地球の名言

お気に入り
ホッとなごみます ついつい遊びに行っちゃいます
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ワンクリックで参加
あなたの住む県は?
リンク
Lily姫の本棚
たまに更新 エヘ。 今までに何度も繰り返し読んだ本、 または、繰り返し読みたい本、 つまり超お気に入りの本を置いてます。 頭の2冊くらいは、今読んでる本です、たぶん。
ポイントサイト
数々あるポイントサイト わたしはここを利用してます
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。