1/31 つぶやき





ブログリハビリ中   ( ´ ▽` )ノ やぁ




毎日、なにか一言、つぶやいてみようと思ってます



Lilyのしょうもない一言、
どうぞ、読み逃げしたってください







本日のつぶやきは、↓ です



                            






最近読み始めた本

小野不由美の 十二国記シリーズ



「Lilyが絶対好きにちがいない」
と言って、友人が ごっそりと貸してくれた




ばっちり、大当たりだもんね~ ヾ(≧∇≦*)〃








シリーズ第1弾、上巻、の 冒頭の部分を ほんの数行だけ書き写します






漆黒の闇、だった。
彼女はその中に立ち竦んでいる。
どこからか、高く澄んだ音色で滴が水面を叩く音がしていた。
細い音は闇にこだまして、まるで真っ暗な洞窟の中にでもいるようだが、そうでないことを彼女は知っていた。
闇は深く、広い。
その天もなく地もない闇の中に、薄く紅蓮の明かりが点った。
遥か彼方で炎でも燃え盛っているように、紅蓮の光は形を変え、踊る。
赤い光を背にして無数の影が見えた。
異形の獣の群れだった。








ふんがっ    ( ̄‥ ̄)=3







なっ!








辛抱づよく読んでるうちに、だんだん面白くなる本って多いけど
たまに、最初っから ときめきっぱなしの本もある。

これは それ!


帯を読んだだけで、わたしのツボを押してくれること分かった












しばらく どっぷり はまりそうな気配です








1/30 つぶやき






ブログリハビリ中   ( ´ ▽` )ノ やぁ




毎日、なにか一言、つぶやいてみようと思ってます



Lilyのしょうもない一言、
どうぞ、読み逃げしたってください







本日のつぶやきは、↓ です



                            












黒豆 煮たよ




201301jdeiji12.jpg




圧力鍋、最強!!!

ダメダメ主婦のわたしでも
短時間で、ふっくらに炊き上がる







子どもの頃、母はおせちの黒豆を
30日から 準備はじめてたなあ

台所、寒い土間だった
そこに 七輪出して、それで8時間とか10時間とかかけて炊いてた


母の黒豆、シワ一つなくって、つやつやだった
ご近所のお年寄りたちからも 褒められてたっけな




あのころの母に、圧力鍋をプレゼントできたらいいのにな












1/29 つぶやき






ブログリハビリ中   ( ´ ▽` )ノ やぁ




毎日、なにか一言、つぶやいてみようと思ってます



Lilyのしょうもない一言、
どうぞ、読み逃げしたってください







本日のつぶやきは、↓ です



                            







先週届いたふるさと便



実家の近くで暮らす叔母から、野菜たちが届いた


CIMG7216.jpg






叔母が漬けたたくあんも届いた

塩分ひかえめのたくあんは、食べ始めると止まらないほどおいしい



CIMG7217.jpg








パッキン代わりに隙間をうめていたのは、
タオルやフキンなど



こういうところ、本当の母親みたい

笑ったあとに、涙出る


CIMG7219.jpg



今回は2個口の荷物だった
1個は、発泡酒1ケース











ふるさと便を送ってくれた叔母のことを、少しお話しますネ


母が亡くなったとき、わたしは27歳だった。
長男が2歳、次男が生後6ヶ月だった。

田舎の自宅での葬儀、
女の私がしなければならない仕事は多かった。
父と兄と私だったから、女は私一人。
子ども達に目をかける余裕はとてもなかった。

遠方の親族のためか、簡素化のためか、どちらもなんだろうけど
私の実家のあたりは、通夜と葬式と初七日を3日続けてやってしまうのだが、

この3日間を、叔母がずっと子どもの面倒をずっと看てくれたのだ。
私は、次男におっぱいをあげただけ。
この3日間、授乳以外の世話は、叔母がすべてやってくれた。

「おばちゃん、ごめん。大丈夫かなあ?」
合間合間で声をかけたときは、
叔母は、いつも、片手で次男を抱っこ、片手で長男の手を握っていた。
たぶん、3日間のほとんどを、それで過ごしたのではないかと思う。

あとで、叔母以外の人から聞いた。
初七日がすんだあと、叔母は、腕が上がらなくなったそうだ。
くたびれて、寝込んだそうだ。






母が死んでから、18年後に父が死んだ。
母も父もいなくなってから、叔母は私に電話をかけるとき
「お母さんよー」と自分のことを名乗るようになった。
それまでは「おばちゃんよー」と言ってたのに。

そして、たまに言う。
「待ってる親がここにもう一人いる」
「だから、もっと顔を見せに帰ってこんね!」と。


恋しいふるさとではあるけれど、
なにかと理由をつけて帰りたいのだけれど、
両親ともにいなくなったら、
やっぱり帰りづらいことを分かっているのだと思う。

まだ母と呼ぶ人がいれば・・・と思ってくれているんだと思う。



ありがたい
ありがたい
ありがたい


うれしい
うれしい
うれしい


わたしは、幸せだって 思う








1/28 つぶやき







ブログリハビリ中   ( ´ ▽` )ノ やぁ




毎日、なにか一言、つぶやいてみようと思ってます



Lilyのしょうもない一言、
どうぞ、読み逃げしたってください







本日のつぶやきは、↓ です



                            








日曜日は 久しぶりに畑仕事をした


連れ合いの入院など、いろいろあったとはいえ、さぼり過ぎです


何度言ったかわからないけど

Lily、心を入れ替えますっっっ   ヾ(*`Д´*)ノ"


入れ替えるの何度目かって言わないで
スペアはいくらでもあるんです(ええ、まだいっぱい)






今日の1曲は これ











もの静かなイメージの彼女

ささやくような歌声、だけど とても 力強くて
大好きな歌い手さんです



どんな歌を歌っても 素敵

どの曲にしようかと迷ったけれど、この曲を選んでみました






新しい一週間のスタートです

笑顔で元気にがんばりましょー





1/27 つぶやき


ブログリハビリ中   ( ´ ▽` )ノ やぁ




毎日、なにか一言、つぶやいてみようと思ってます



Lilyのしょうもない一言、
どうぞ、読み逃げしたってください







本日のつぶやきは、↓ です



                            











地元のケーキ屋さんで いちご祭り開催ちぅ~ ♪♪♪




CIMG7221.jpg




これに、いちご大福も買っちゃった







ブンブン(>_< )( >_<)ブンブン  かんちがいしないでね

全部一人で食べるんじゃないからね






えっと 私がたべるのは

ケーキ2個 と いちご大福1個






え? やっぱり 欲張りすぎ???  (*≧m≦*)









 
プロフィール

Lily姫

Author:Lily姫
大分県在住 ♀
いつのまにやら50代(≧m≦)


妄想とうたた寝が大好きです
大好きを通り越して、たえず妄想の中で生きています。


2015年2月退職しました
2015年4月介護福祉士をめざして専門学校生になりました
2017年3月専門学校を卒業しました
2017年4月地域密着型のこじんまりした特別養護老人ホームに就職しました

時間も気持ちも余裕がなく、野菜作りはひとまず中断しています。
いつかきっと再開したいと思っています。


ぼちぼち更新の、のんびりペースのブログです
読んでくださってありがとうございます
訪問とコメント、とても嬉しいです


コメントへのお返事は遅れがちですし、現在は、まとめてのお返事の形をとらせていただいてます。

ご理解よろしくお願いいたします

リンクフリーです。
でも、一言お声をかけてくださると嬉しいです。
といいながら、内気なわたし(ほんとうか?)、たびたびお邪魔したいお部屋を、いくつか黙ってリンク頂いています。

もしも不都合がありましたら、どうぞご遠慮なく、お申し出下さいませ

最新記事
最新コメント
ぷりーずふぉろーみ~
心にサプリ☆
ありがとう そしてあなたにもおすそわけ

presented by 地球の名言

お気に入り
ホッとなごみます ついつい遊びに行っちゃいます
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ワンクリックで参加
あなたの住む県は?
リンク
Lily姫の本棚
たまに更新 エヘ。 今までに何度も繰り返し読んだ本、 または、繰り返し読みたい本、 つまり超お気に入りの本を置いてます。 頭の2冊くらいは、今読んでる本です、たぶん。
ポイントサイト
数々あるポイントサイト わたしはここを利用してます
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる