スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜中になると・・・ムフフ



2号と彼女に車を貸していたので、
月曜日は、職場から自宅まで、テケテケと徒歩で帰った

車だと通らない裏道小道を歩いて帰った



おおっ!  のんびり歩いても、30分かからないじゃないか!
急いでないとき、買い物しなくて良い日は、歩いて通勤しようかな~?
ダイエットにもなるし♪





(`∇´ )  ニャハッ

私の場合は、朝が!出勤が!
問題なのだよ、ちみ~   

歩いても間に合うように、起きて準備ができるかどうかなのだよ




・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・




┌(。△。)┐  アハッ

やっぱ、無理!!!












初めて通る道、
可愛い奴らを見つけた


カメラ持ってないので、ボロ携帯で撮った!

それでも、厚かましく、カテゴリ「カメラ散歩」に入れる私であった  ( ̄w ̄)





2011082918020002.jpg








2011082918020000.jpg







2011082918020001.jpg









2011082918010000.jpg




このホウキ草たち、

絶対に、夜中になったら、動き回ってるはず!!!

フォークダンス踊ったり、花いちもんめしたり、
サッカーしたり、陣取りしたり、






スポンサーサイト

夏は夕方



高校の頃、現国の時間に、「夏」をテーマに作文を書き、
それを生徒同士で、批評し合うという授業があった

タイトルは忘れたけれど、
私は、夏なら断然、夕方が好きだという内容の作文を書いた

夕立や、水まきのあとの、匂いについて書いた  と思う




うぬ・・・夏だけじゃなくて、どの季節も、夕方が一番好きかも

どんなに睡眠が足りていても、やっぱり朝が苦手なわたし
夕方が好きなのは、もしかして、寝坊すけだから?    ( ̄▽ ̄)





DSC_4186.jpg








DSC_4188.jpg







DSC_4190.jpg






みなさま、小さくお久しぶりでございます   (。・ω・)ノ゙

前の記事に書いた、「やりたいこと」をやるために、沈黙してたのではなく
ただいま、Lily家には、可愛らしいお客様がいらしてるからです


息子2号が、彼女を連れて帰省中なんです   





女の子、やっぱ、ええわ~~~  (*´ェ`*)ポッ



Lily家、今、良きにほひが漂っております



求菩提山のふもと



6月12日のこと・・・・

ヾ(〃>_<;〃)ノ 聞こえんよ、聞こえんよ
今頃ですか~?って声には、耳がパタリのLilyです   



ふるさとの神楽を見たついでに、ちょっとアジサイを見に行ってみました


福岡県豊前市にある標高782mの修験の山、
求菩提山( くぼてさん ) のふもとです

求菩提山は、花だとシャクナゲが有名なのだけど、
このときは、まだシャクナゲには早く、
しかも、ものすごい豪雨の一日だったので、山までは足を延ばしませんでした




田んぼののり面に、アジサイをたくさん植えてあるの
一番の見頃には、アジサイ祭りもあるよ







でも、アジサイも、まだ早かった~~~~~っ  

雨もはんぱね~~~~~~っ   


我が身よりも大切な婿どの(カメラのことです)を、濡らしてはならじと
傘の中から、大急ぎでパシャパシャと撮りました



アジサイの花よりも、山のふもとの農村風景を見てネ 

(大雨だったので、ボヤンとした写真ばっかだけど)








DSC_4088.jpg







DSC_4091.jpg









DSC_4090.jpg









DSC_4096.jpg









DSC_4100.jpg









DSC_4099.jpg








DSC_4098.jpg


6月中旬は、ソバの花には、少し早い?
でも、これ、ソバだよね~?
あまりの大雨に、近くに行って確かめられませんでした








ここは、実家から車で15分くらい
この山のふもとをさらにズンズンと下ったところにある高校が母校
(今はもう、母校は無くなってます 3つの高校が別の1つの高校になりました)


実家の近くも、もちろん大好きだし、
老後は絶対に帰りたいなあと思ってるのだけど、


このあたりでもいいなぁって思うの
私の好きな要素が、そろってるんだよなぁ     うふ♪


低くめの山々、田んぼや畑、川、
傾斜のある草の道もたくさん残ってるんだぁ  







ああ・・・イカン
ふるさとに帰りたくなった

6月12日って、もう2ヶ月半も帰ってないじゃんかっ!!!
うずうずするーーーーーーーっ    o((>ω<o))((o>ω<))o












<追伸>


お返事も、記事の更新も、しばらく遅れがちになります
あ・・・今もそうだね
今以上にってことです  



少々多忙なうえに、ちょっと夢中になってることがありまして・・・
忙しいときに限って、やりたいことができるって、なんでやろ?
試験前になると、部屋を片付けるってアレか? (つまり現実逃避?)  σ(^_^;)




数日続けて沈黙してても、心配せんでくださいね











ようそろう!



最近読んだ本で面白かったのは、コレ



CIMG6403.jpg



上野哲也  「ニライカナイの空で」


沖縄が舞台のお話かと思ったら、福岡県筑豊の田川が舞台でした

炭鉱が不況になった頃、
まだ蒸気機関車が走っていた頃のお話です


この本を薦めてくれたの誰だっけ~?
ブログの、私のこの部屋で、誰かが薦めてくれたような気がするんだけど


面白かったです  ★★★☆☆



私は、福岡県の一番大分県寄りで生まれ育ちました
九州以外の人に、福岡県出身だと言うと、
 ~したと? ~ばってん  と言った言葉を使わないことに驚かれるの

博多弁は、ちゃんと聞きとれて、意味は分かる
でも、自分で話すとなると、一生懸命真似ても、
やっぱり違うみたいで、「福岡? 熊本? 長崎? どこの人~?」って笑われる

私の話す言葉は、
限りなく大分弁に近く、だけれども大分弁とも少し違う

無理やり言えば、福岡大分県境弁かな~~~?  (*^m^)o==3


でも、この本を読んで、ああ!!! って思った

私のふるさとの言葉に一番近いのは、筑豊弁だって!!!


「なんしちょるんか!」  「はよせんか!」
「待っちょるき、うちに来ない」
「きさんは、なんべん言うても分からんのー」

ふふふ   なんだか、生き返った父とおしゃべりしてるみたいだった



ようそろう

良う候(ようそろう)」と書き、良ろしく候(よろしくそうろう) ということ
船舶用語で、「オーライ」「オッケー」とかいう意味です



この本の最後にこうあります



なんで嘆く必要があろう
なんで不安になることがあろう
勇気を持ってまっすぐに、目の前の海を突っ切って行けばいいのだ
胸を張って堂々と進んで行けばいいのだ
僕らを未来へといざなう希望の風に心震わせ、ちょっぴり眩しそうにこう叫ぼう


ようそろう





1号!  ようそろう!だ!

前の記事へのみんなからのコメント、本当に嬉しかったデス
どんなに励まされたか・・・言葉ではあらわせません

ありがとうございました








姫を卒業するべきか~



熊本旅行に行く直前の記事に、「家族の一大事があって」と書きました


一大事については、またいずれ~♪  と、浮かれた調子で書いたので、
良くない一大事ではないってことはお気づきだとは思いますが・・・  (*´∇`*)



今日は、その一大事について書きますネ



少々、長くなりますし、100%個人的なことなので、
お忙しい方は、どうぞスルーしてくださいね   (*_ _)ペコリ



                             



実は・・・  我が家に、家族が増えました~     パンパ~ン



息子2人だけだった私たちに、
娘が1人と孫1人(男の子)が加わりました  (*^^*)ポッ
そして、さらに、来年の3月に、2人目の孫が生まれる予定です



こうなるまでには、いろいろあったんです
短くまとめることが難しいのだけれど・・・



現在22歳、今年の11月にやっとこさ、23歳になる息子1号のことです
社会人になって、まだ2年目の頼りないひよっ子です

このたび、娘になってくれたお嫁ちゃん(1号よりも1つ年上) とは、
学生時代から顔見知りで、大勢で会って、少し会話をする程度だったそうです

お付き合いもしてなかったし、2人で会うこともなかったとのことだけど
1号の方は、小さな小さな恋心を持っていたそうです

で、去年のこと、1号が勤めているところに、
患者さんとして来たお嫁ちゃんと再会
(以下、お嫁ちゃんのことは、Sちゃんでいきます)


Sちゃん、実はそのとき、未婚で赤ちゃんを産んでから数ヶ月の頃・・・

お付き合いしていた恋人との子どもがお腹に授かったことを告げたら
なんと、恋人は、Sちゃんのもとから、去って行ったんだそうです

家族の反対にも合い、Sちゃん自身も迷いに迷ったらしいけれど、
最後は、産んで育てることを決意したそうです
(以下、孫ちゃんのことは、Tくんでいきます)

再会したときから、そのことを1号は知っていたのか、
しばらくたってから知ったのかは、私は聞いていません
イヤ、聞いたけど、忘れたのかも?

どちらにしても、1号の恋心が大きくなることに、ためらいは無かったのでしょう

1号の猛烈アタックで、お付き合いが始まり、
付き合いだして、半年後には、「3人で暮らす」と言いはじめました

「一緒に暮らそうと思う」 と1号から打ち明けられたとき、私は大反対をしました
付き合うことが反対なのではなくて、
一緒に暮らすということに反対だったのです
「半年くらいで、なんの覚悟ができるのか!」 と言いました

1号は、「真剣に考えた」 「考えて考えて、覚悟をした」
「付き合う期間が短いってことで反対する意味がわからん」
「少しでも早く一緒に暮らして、子どもが物心がついたときには、オレのことを父親と認識していて欲しいんや」
と、言いました


考えたんだろう  真剣なんだろう  覚悟もしたんだろう
軽い気持ちで言ってるんじゃないってことは、分かってるけれど・・・
でも、母からすれば、まだまだ、ほんの子ども
自分でお金を稼ぐようになってから、わずか2年目
なにもかもが、頼りなく見えて、
「あんたの覚悟なんか、どんだけのもんや」って感じ(笑)


血のつながらない子どもを、我が子として育てることの苦労は、
母も経験がない。想像してみても、本当には分からないだろう
あなたもSちゃんもTちゃんも、これから先、
山のように、乗り越えなければいけない事が出てくるだろう
乗り越えなければいけない事について、
たとえば、あなたは、どんなことを思い浮かべてみたのか言ってみよ

あなたとSちゃんの2人だけで、親に隠れて同棲するのとは、わけが違う
2人だけなら、一緒に暮らして、うまくいかなくて別れてしまったとしても
傷つくのは2人だけやし、傷ついても自業自得やし、いい経験にもなるやろう

でも、Tくんがおるやん
Tくんが傷つくのは、自業自得なんかやないで!
結婚式挙げてなくても、籍入れてなくても、同棲とは違うと思うよ

3人で暮らすってことは、もう、家族になるってことだと思うよ

あなただけのことではなくて、SちゃんとTくんの人生にも関係してくるんやよ
進学するとか、職業を決めるとか、
そんなんよりも、もっともっと重大なことだと思うよ
「今、自分は、人生で一番重大なことを決めようとしているんだ」って
しっかり自覚して、考えてるん?
と 言いました


Sちゃんを好きだという気持ちの中に、
一人で子どもを産み、一人で育てているSちゃんへの同情が混じっていないか?

Sちゃんが、あなたを好きだという気持ちの中に
妊娠が分かった途端に逃げていった前の恋人と無意識に比べて
あなたが実際以上に、誠実で頼もしく見えるってことはないか?

お互いの気持ちの中に、そんな錯覚はないのか?
本当に、これからの人生を一緒に歩いていきたい相手なのか?
そーゆーこと、もっと、時間をかけて考えてからでもいいのではないか
というより、そうするべきなのではないか
Tくんのためにも、、何倍も慎重になるべきじゃないの?
と、言いました


「今すぐに一緒に暮らすということには、反対である」
「もうすこし、じっくり時間をかけなさい」 
結論はそれ、
その結論は、いくら相談されても、変わらないから! と言いました

2人がいいお付き合いを続けて、たとえば、1年後とか2年後に言われたら
答えもまた違うだろうとは思うけど、と言いました


「反対ってことは、どういうことになるんかなぁ?」
と、わけのわからん質問をされました

質問の意味がわからん
反対であるって言うこと以外に、なにもできんやろ?
反対を押し切って一緒に暮らしたら、それで親子の縁がなくなるわけでもなし
そうならないように、壁にしばりつけて、拘束するわけでもなし
「お母さんは反対よ」と 言葉で言う以外に、何ができるん?
真剣に考えて、「こう思う」 と言うことしか、親はできんやん!!!
と言いました


そんな堂々めぐりの話し合いを、3ヶ月ほど続けました


3ヶ月たっても決意の変わらない1号は
3ヶ月たっても反対だと言う私に、
「ごめんな。でも決めたけん」と言って、3人での生活を始めたのでした



親は、なにもできんもんですね~
そして、バカですね~

反対を押し切って、同居を始めた3人に、
どうか、幸あれ!と やっぱり願うのであります

うまくいかなくて、「ホラ見たことか!」 「だから言ったやろ!」 
と言いたい気持ちは生まれないのであります



すっかり父親の顔になってる1号
見慣れない人に会うと、1号にしがみついていくTくん
眠くなって、ぐずぐずになると、1号の抱っこじゃないとダメなTくん
学資保険はどこのがいいかなあ?とパンフレットをのぞきこむ1号とSちゃん


いろんなことあっても、大丈夫かなぁ
なんとか乗り越えていけるかなぁ
そうあって欲しいなぁ  と思うようになりました

1年か2年たったら・・・イヤ、もっと早い方がいいのかなぁ?
2人が結婚するって言ったときには、もう反対の理由は見つからないな
と思うようになっていました


1号も、たまに実家に帰ってくると、入籍の時期についてなど
ボソリと、自分達の考えてることを話していました





だがっ! のんびりしたことは言っておられん情況になったのであります

Sちゃんのお腹に、1号との赤ちゃんが芽生えたのであります  






先日、入籍はすませました
婚姻届の保証人の署名捺印をしたら、
「これもお願いします」と1号が書類を出しました
Tくんの、養子縁組の書類でした
ああ・・・と、少し胸が痛みました
赤ん坊の頃からかかわって、すっかり父と子になっているのに
やっぱり、養子となってしまうのか・・・・って思いました
戸籍の、養子という文字はずっと消えないんだなぁ・・・って思いました





お腹が目立たないギリギリの時期、11月に、結婚式を挙げます  



いつか、金が貯まったら、そのときに式を挙げるつもりだ と1号は言うし
Sちゃんも Sちゃんのご両親も、
結婚を許してくれるだけで・・・式なんて・・・ という雰囲気でした

でも・・・私も女だからさ
私がSちゃんだったらって考えてみた
ウエディングドレス着なかったこと、一生後悔するって思った
年をとったときに、やっぱり着たかったなぁって絶対に悔やむって思った

「いつか」ナンテ言ってたら、絶対に、「いつか」はやってこないんだって思った
これから、2人の子どもを育てていくのに、
お金の余裕なんか、どうしてあるもんかって思った
必死でお金貯めても、それを結婚式で使うことなんかできるもんかって思った
生活していくだけで精一杯のはずだって思った

私にもし、娘がいたら、
結婚式挙げて欲しいって思う
ドレス着て、最高にきれいな娘を、見たいって思う


それに、土地柄というかなんというか、
ここは、他人のことをとやかく言う人が、とても多いのです
他人のことをとやかく言うから、他人から言われることにも敏感なのです
連れ合いの身内は、とても世間体にうるさくて、うるさくて、うるさくて・・・


聞こえないところでコソコソ言うのは、
別に~  お好きなだけ、どうぞどうぞ~ なのだけど

「本人たちが決めて、しかも親も認めた結婚です!」
「口は出させません!」
の気持ちを形にするためにも、結婚式を挙げてやりたいと思いました




連れ合いも私も、親バカというよりは、バカ親でしょうかね  (* v v)。。。

いろいろ考えた挙句、出した結論は、
借金をしてでも、1号とSちゃんの結婚式を挙げてやろう! でした



(*´∇`*) アハハ    アハハハハハ
借金しました~  \(▽~\*))((*/~▽)/  
ますます、貧乏に拍車がかかった我が家であります


やっていけるのだろうか?  やってくしかないんだけどネ
でもって、本当になんとかなるもんです

1万しか残らなかったら、1万の生活をすればいいんだし
今までもなんとかなってきたから、きっとなんとかなる!!!







それよりも、実は、1号の方が心配なのです

あの子が!
あの頼りない子が!!
4人家族の大黒柱として、しっかりやっていけるのだろうかって






そして、心配と言いつつ
気がついたら、ニヤニヤしてるのです

家族が増えたこと、
秋がきて、冬が過ぎて、春になったら、もう一人増えることが嬉しくて








長くなりました
最後まで読んでくださった方、どうもお疲れ様でした
ありがとうございました   






そうそう、タイトルのことだけども

このたび、 になったLily

 は返上しなきゃいかんですかなあ  





プロフィール

Lily姫

Author:Lily姫
大分県在住 ♀
いつのまにやら50代(≧m≦)


妄想とうたた寝が大好きです
大好きを通り越して、たえず妄想の中で生きています。


2015年2月退職しました
2015年4月介護福祉士をめざして専門学校生になりました
2017年3月専門学校を卒業しました
2017年4月地域密着型のこじんまりした特別養護老人ホームに就職しました

時間も気持ちも余裕がなく、野菜作りはひとまず中断しています。
いつかきっと再開したいと思っています。


ぼちぼち更新の、のんびりペースのブログです
読んでくださってありがとうございます
訪問とコメント、とても嬉しいです


コメントへのお返事は遅れがちですし、現在は、まとめてのお返事の形をとらせていただいてます。

ご理解よろしくお願いいたします

リンクフリーです。
でも、一言お声をかけてくださると嬉しいです。
といいながら、内気なわたし(ほんとうか?)、たびたびお邪魔したいお部屋を、いくつか黙ってリンク頂いています。

もしも不都合がありましたら、どうぞご遠慮なく、お申し出下さいませ

最新記事
最新コメント
ぷりーずふぉろーみ~
心にサプリ☆
ありがとう そしてあなたにもおすそわけ

presented by 地球の名言

お気に入り
ホッとなごみます ついつい遊びに行っちゃいます
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ワンクリックで参加
あなたの住む県は?
リンク
Lily姫の本棚
たまに更新 エヘ。 今までに何度も繰り返し読んだ本、 または、繰り返し読みたい本、 つまり超お気に入りの本を置いてます。 頭の2冊くらいは、今読んでる本です、たぶん。
ポイントサイト
数々あるポイントサイト わたしはここを利用してます
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。