スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の途中



こんにちは (=゚ω゚)ノ




只今、短い仮卒の期間を利用して、プチ旅中です。














頂いたコメントに、返事しないままでごめんなさい m(__)m


もうしばらくお待ち下さい m(_ _)m 💦







夕べは、ふるさとの友人宅にお邪魔しました。


お風呂は温泉に、食事は友人おすすめのお店で外食、どうぞ、どうぞ、お構いなく、

と申し上げたのですが、


「一緒にご飯食べるの楽しみにしてたのにー。じゃあ、はいこれ。ドライブの途中につまんでね」と、




友人のお母様が手作りのお弁当を持たせてくれました。




















。゚(゚´Д`゚)゚。  お母さん……    


めっちゃ、大ご馳走やん。


めっちゃ、美味しいやん。



(;_;)         涙でしょっぱくなるやん。









友人のお母様、生まれた年は亡き母と1年違い。



50代で亡くなった母も、80代まで生きていれば、こんな感じかな?



生きていたら、私の友人が遊びに来た時、こんな風にもてなしてくれるたかな?




こうして書いていても、鼻の奥がツンとしてきます。














帰り際、今夜は別の友人と約束している私に、

手作りのあられ、かきもち、ぽん菓子をそれぞれ2包ずつ。 



「お母さん、2袋ずつ入ってるよ」



「そう、今日会うお友達の分もあるからね!」









お母さん… … …・°°・(>_<)・°°・。












スポンサーサイト

修験の山





福岡県豊前市の南に位置する、標高782mの円錐形の山、
求菩提山(くぼてさん)は、修験の山として有名です。

求菩提山を、15kmほど海に向かって下りたところにあった高校が、私の母校でした。
(今はもうないの。3つの高校が統廃合されて、新しい学校になりました)



求菩提山については、こちらを → 求菩提山(豊前市公式ページより)





今頃の求菩提山は、石楠花(シャクナゲ)が見事です。

今年の写真じゃないんだけど、見てね♪




DSC_0484.jpg












DSC_0518.jpg






30年以上前の田舎の高校のこと、
珍しくはなかったのかもしれないけれど、

春の歓迎遠足でも、秋の鍛錬遠足でも、夏のキャンプでも
やたらと山登りをさせられた

求菩提山のときは、学校から近いこともあり、
遠方から電車通学してる生徒以外は、ふもとに現地集合となった。





DSC_0513.jpg




自宅からは、求菩提山までは20kmあるかないかってとこ。
上り坂20kmは、想像以上だった。

山に向かって、自転車こぐのが、もーしんどくて、しんどくて

集合場所に着いた時点で、体力のほとんどを使い果たしてたっけ。









DSC_0483.jpg






高校生のとき、同じ部活の男の子とおつきあいをしていた。
3年の秋、すべての大会が終わって、引退してから初めて、デートらしいデートをした。

自転車じゃなくバスで、ふもとまで行き、求菩提山に登った。
頂上で、お弁当を食べた。

お弁当は、母に習いながらこしらえた、
いなりずし・からあげ・ポテトサラダ  (//∇//)


しかし・・・・・・・
最初のデートが、山登りって・・・・・ (*/∇\*)どんな時代やねん








DSC_0501.jpg



胸のあたりがチリチリする
思い出の求菩提山









DSC_0523.jpg







↑  あれが求菩提山だよん


てか、山の写真、1枚きり  ( ・_・;)








DSC_0524.jpg












DSC_0531.jpg













DSC_0528.jpg

















DSC_0526.jpg





常連さんはご存知のように、私は石垣フェチです (*^m^*) ムフッ

お城めぐりしても、どこに行っても、石垣にばかり、シャッターを切ってしまう。







DSC_0527.jpg






たぶん、

石垣ラブの始まりは、田んぼや畑の石垣だと思う。








足袋なら自分で履ける






写真は、大分県中津市にある薦神社(こもじんじゃ)です
    (記事と本文は関係ありません) 
    
   良かったらこちらをどうぞ →   薦神社について







DSC_7188.jpg










先月のこと、

ライブ鑑賞のため、そちらに行くよ♪ 
と 幼なじみから連絡がきた

車で1時間で行ける街!

行くよ! 会いに行くよ! 

と 力いっぱい返事をしたあとに考えた。






久しぶりに ゆっくりおしゃべりしたいな





DSC_7198.jpg






で、お互いの連れ合いにOKをもらって

ビジネスホテルに  お泊りしてきたーーーっ 


(= ̄▽ ̄=)V ニヒッ







DSC_7179.jpg




コンビニで、缶ビールとつまみを買い込んで、
ホテル備え付けの部屋着の下にジャージ穿いて、
ベッドの上にあぐらかいて、

明け方まで しゃべり倒したーーーっ  +。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚







DSC_7174.jpg





楽しかったなぁ~   










DSC_7171.jpg





こーゆーことできるのも、子育てを卒業したからだよね
年をとるのも悪くないね

としみじみ言い合ったのでした








DSC_7148.jpg






そーいえば、Lilyのお母さんてさ、たしか和裁してたよね
じゃあさ、お母さんが遺した着物や、Lilyのために縫ってくれた着物があるんじゃない?
ちゃんと保管してある?


うん、一応ネ・・・
全く着ないから、タンスに入れっぱなし 
数年前に、浴衣ほどいてワンピースを1枚、
男物の着物をほどいてジャンバースカートを1枚にリメイクして

それから パタリ と、止まってしまってるんだよね








DSC_7152.jpg





実は、そのような話を幼なじみとするとは、思ってもみなかった数か月前から、
ちょうど、着物について、いろいろと考えていたのでした。



亡き母の手縫いだから、これまで、
売ることも、誰かにあげることもできないでいたけれど

ある日突然、死んだらどうなるのかな?って。


遺された家族が、処分していいのかと 迷うのではないかな? って

迷ったあと、保管するとしたら、それはそれで負担だろうし、
もし捨てられるとしたら、私としては・・・やっぱり悲しいし、


それならいっそ、
思いついた今、 私の手で 売り飛ばそうか! と。







DSC_7172.jpg





なにをかくそう、私ときたら、

着つけはもちろん

着つけるために必要な小物も分からないし、
正しいたたみ方すら知らないのでした   ミ(ノ_ _)ノ=3  ドテッ!! o

とても 手先の器用だった母の娘とは思えない 

  (_△_;〃 ゴロ~ン








DSC_7163.jpg




そうしたら、なんと、幼なじみ

1~2年前から、着物にはまっているとのこと!!!



高価ではないものをいくつか買って、
着つけを勉強して、自分で着れるようになったんだと。

でも、なかなか一人では、着物で出掛ける気になれず

それならば、人に着つけられるようになればと思い、
今、また 勉強しているんだと。








DSC_7189.jpg




大切に持ってなよ!


私がもうすぐ、人に着せてあげられるようになるからさ。
そうしたら、2人で、着物であちこちお出掛けしようよ



やってみたら、そんなに難しくないよ
たたみ方も、自分で着るやり方も、私が教えてあげる!





DSC_7190.jpg


な。

一緒に、着物で城下町歩いたり、美術館行ったり、お茶したりしようよ !!!

慣れたら、着物でも 疲れなくなるよ!
そうなったら、着物で映画観たり、ごはん食べたりもしようよ!









DSC_7185.jpg





ぽわわ~~~~~~ん   








妄想に入るわたし










DSC_7175.jpg





年が明けて、最初に図書館で借りた本は、6冊

小説を3冊と・・・・・・

・着物のいろは
・着物入門
・着物あとさき




( ̄m ̄* )ブッ







すっかりその気やん・・・ ゛(6 ̄  ̄)ポリポリ






DSC_7150.jpg








ちくちく ちくちく ちくちく ちくちく



亡き母が手縫いして仕上げた着物たち




とりあえず、私が生きてる間は、処分しないことに決まった











DSC_7178.jpg





ホッとしてるかな? 母。





そうそう、幼なじみのお母さんと私の母、
どちらも、50代で病気で亡くなったの

亡くなった年は、1年しか変わらない





天国で相談したのかも?

Lilyめ、私の苦労も知らんと、着物を売りとばすとか言いよん



そらおおごと。うちの娘をつかって、やめさせるわー
まかしときっ!













そうか・・・・・・



わたしたち、まだまだだな







いくつになっても 母親には勝たん












DSC_7193.jpg




幼なじみの話題と
実家から30分もかからずに行ける薦神社の写真なので

カテゴリは 「ふるさと」にしました






      ※ コメントのお返事、 次の更新、
        どちらも、ずいぶん先になるかと思います
        ご理解下さいませ  m(_ _;)m







母の口癖





少し前、「小満」 という季節のことばを知った。

5月21日頃の呼び名 とのことなので、もうひと月近く前ですね。





今の季節とも、 使ってる写真とも合わないけれど、
そこは見逃してくださいネ ヾ(´ε`*)ゝ





DSC_8244.jpg







陽気が良くなって、麦の穂が育ち、梅の実がなり、田植えの準備を始める頃。

秋に蒔いた麦などの穂がつく頃。



昔、収穫があるかどうかは、命にかかわることだったので、
麦に穂がつくと、とりあえずは、ほっと一安心(少し満足)する と言うことから
「小満」 という名前がついたそうです




DSC_1471.jpg






この言葉は、どこの人が作ったのかなあ?




5月21日頃に、麦の穂とは・・・・・

まるで、わたしのふるさとのようだ。





DSC_8235.jpg





この季節の言葉を知ったとき、亡き母を思い出した。



収穫があることにほっとする、というのとは、少し違って
たくさんある仕事のうちの とりあえず一つを終わらせて、
小さく「ほっ」 の 「小満」 です。



よっしゃ、、麦が終わった
いいことをした、いいことをした



でも、玉ねぎ、じゃがいも、エンドウ豆やそら豆の収穫がある
麦のあと、大急ぎで田植えの準備もしなきゃいけない




麦の収穫以上に大変な、田植えが終わるまでは、
「大満」 とはならないのだ





DSC_1466.jpg







何か一つでも、仕事を終えたら
「いいことをした」 「いいことをした」 と言ってた母。



大変であればあるほど、
「いいことをした」 の回数は多かった。








DSC_1468.jpg








くたびれた と言うかわりに、
いいことをした と言ってた母。






DSC_8243.jpg





泥だらけの地下足袋を脱ぎながら、 

あー、今日はいいことをした








すっかり遅くなった夕飯を食べながら

いいことをした、いいことをした







風呂上りに、髪をタオルでふきながら

やーれ、いいことをした、いいことをした








電気消して、ふとんに入ってからも

ああ、ほんとに今日はいいことをした

とつぶやきながら目をつむるのだ







DSC_8231.jpg






こどもの頃は何も思わなかったけれど、今は

母は偉かったなあ と、

心から思う。







DSC_8252.jpg







わたしのふるさとでは、すっかり田植えが終わるには
6月いっぱいかかります。

今は、農繁期の真っただ中です。






DSC_8223.jpg






みなさま、
今日も一日、お疲れ様でした



明日もがんばろーね  (⌒∇⌒)ノ""









⬇︎ 応募してみますた (=゚ω゚)ノ

アンケートに答えてね!コラーゲン・ヒアルロン酸ほか配合の美容ゼリープレゼント♪

今年の梅仕事






ヾ(´∀`o) こんにちは~

 ご無沙汰しております  . m(_ _;)m





生存報告もかねて、今年の梅しごとをご紹介しますネ!




実家の畑の梅なので、カテゴリは「ふるさと」を選んでみました ( *・ω・)ノ









父が亡くなって、今年で丸6年
裏年とか表年とか関係なく、年々、実が減ってきています。
いつかは、実をつけなくなってしまうのではないかと心配です。












今年の梅酒は5ビン

そのうち、うまそーな琥珀色になりますよー ヾ(≧∇≦*)〃キャオ♪

3カ月待つのが、とっても、とーっても、辛いです(笑)

3年以上経過した梅酒は絶品だと聞きますが、
1年も、もったことありません。

10月くらいから飲み始めて、来年の梅の花が咲くころには
たぶん、5ビンともすっからかん  ( ̄w ̄) プッ











孫たちのための、梅シロップです♪

この写真、ほんの2日間で出たエキスですよー
梅の実を冷凍して、凍ったまま氷砂糖と一緒にしておくと
わりと短時間でたっぷりのエキスが出てくれますよん。

わたしは、テキトーに作るので、常温だとカビさせてしまうと思うので、
少量を作って、飲み終わるまで、冷蔵庫に入れっぱなしにしています。












傷だらけの器量の悪い梅は、さらに傷をつけまくって、
みそと砂糖を混ぜた中に埋めておきます。

この時期にしか味わえない、梅風味の酢みそになります

こんな風にザブザブになったら、みそを足します
梅エキスが思ったように出なかったら、普通のお酢を足します
食べるときに味見して、砂糖を足したりします







ガサツな性格丸だしですが
わたしなりに、季節を楽しんでいま~す。





では、また。


おやすみなさい  ZZzz(。_ _)  zzZZ 






プロフィール

Lily姫

Author:Lily姫
大分県在住 ♀
いつのまにやら50代(≧m≦)


妄想とうたた寝が大好きです
大好きを通り越して、たえず妄想の中で生きています。


2015年2月退職しました
2015年4月介護福祉士をめざして専門学校生になりました
2017年3月専門学校を卒業しました
2017年4月地域密着型のこじんまりした特別養護老人ホームに就職しました

時間も気持ちも余裕がなく、野菜作りはひとまず中断しています。
いつかきっと再開したいと思っています。


ぼちぼち更新の、のんびりペースのブログです
読んでくださってありがとうございます
訪問とコメント、とても嬉しいです


コメントへのお返事は遅れがちですし、現在は、まとめてのお返事の形をとらせていただいてます。

ご理解よろしくお願いいたします

リンクフリーです。
でも、一言お声をかけてくださると嬉しいです。
といいながら、内気なわたし(ほんとうか?)、たびたびお邪魔したいお部屋を、いくつか黙ってリンク頂いています。

もしも不都合がありましたら、どうぞご遠慮なく、お申し出下さいませ

最新記事
最新コメント
ぷりーずふぉろーみ~
心にサプリ☆
ありがとう そしてあなたにもおすそわけ

presented by 地球の名言

お気に入り
ホッとなごみます ついつい遊びに行っちゃいます
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
ワンクリックで参加
あなたの住む県は?
リンク
Lily姫の本棚
たまに更新 エヘ。 今までに何度も繰り返し読んだ本、 または、繰り返し読みたい本、 つまり超お気に入りの本を置いてます。 頭の2冊くらいは、今読んでる本です、たぶん。
ポイントサイト
数々あるポイントサイト わたしはここを利用してます
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。